腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|お客様の声

お客様の声|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

お客さまからこんな声が届いています

腰椎椎間板ヘルニアの改善:Тさん(80代女性)
私は、2011年の11月の6年前整形外科で「腰椎椎間板ヘルニア(腰椎4・5番)」と診断され手術をするかしないか悩んでいた時でした。たまたま、甥がカイロプラクティックを開業したとのことで、長兄の息子でもあり相談してみました。その月の11月甥に訪問していただき、その時色々聞かれ、丁度50年間美容業と着付けの仕事をしていたことをお話しました。そして、50年間仕事をしたので閉店して間もないころでした。仕事をしていても腰に痛みはありましたが、我慢をすれば仕事はできましたので、そのまま続けて営業を続けていました。そして、店をたたんでから整形外科を受診し、ヘルニアと診断されました。
そして、甥との話が終わり、治療してもらい、甥から言われたことは、骨盤のズレと背筋痛とのことで、その後毎月1回ずつ、合計5回治療を受けました。甥から最初にヘルニアではない旨話をされて安心したことと、50年間頑張った勲章だねと言われ、なるほど立ち仕事による職業病であることも気付きました。そして、5回の治療で痛みもなくなり、その後6年経過した現在も痛みがなく、先日甥に合った際、叔母ちゃんの経験したことをホームページに書いて欲しいということで書き込みました。6年前は痛みがひどく、手術するかどうかの焦りもありましたが、6年経過しても痛みがないことが不思議で、甥に改めて感謝の言葉とカイロプラクティックのすごさを味わいました。
ただ、6年前甥から教わった体操は、今でも続けてやっています。マーちゃん、その節はお世話になりました。そして本当にありがとうね。それから、6年前当時、妹と一緒に治療を受けていたので、妹も甥に大腸検査をするよう指示され、受診したところ6個のポリープが見つかり、切除して感謝したこともありました。現在80歳を過ぎて、私も妹も元気に暮らしています。

【Т叔母さんへ】
叔母さん、依頼した早速の投稿ありがとうございました。速いものであれから6年の月日が経ちましたが、腰痛等の痛みもなく元気にお暮らしとのこと何よりです。そして、私がお教えしたストレッチを継続してやられているとのこと、素晴らしく思います。
その継続が何よりなのです。一般に、お医者さんからこれをしなければ「死んじゃうよ」と言われると、皆さん一生懸命やるのですが、多少の痛みでは我慢もするし、やらなくなるのが常なのです。正直言えば、以前の私もそうでした。「継続は力なり」と先人はよく考えました。私も予防のために、主治医に言われたことを忠実に、1日50分程度のウォーキングを、毎月25日以上、2年間以上継続しています。そのため、お腹の筋肉はだいぶ落ち以前のズボン(白衣も)はゆるゆるで、ウエストが約10cm減りました。
さて思い起こせば6年前、叔母さんからお話をお聞きしお身体を触診しましたが、50年にわたる仕事上だと思いますが、中腰の姿勢が多いため、長時間立ち仕事のため、骨盤のズレがかなりありました。専門的に言いますと、仰臥位(仰向け)で上前腸骨棘(じょうぜんちょうこつきょく)に2.5cm、また伏臥位(うつ伏せ)で腸骨稜(ちょうこつりょう)にも同じくらいのズレがあり、脚長差の違いもありました。
ただし、仙腸関節のズレはなかったので、短期間の施術で快方に向かいました。ただ一番ひどかったのは、長年の立ち仕事のため、背筋痛が酷かったですね。腰の少し上を押すだけでかなり痛がっていたことを思い出します。人間は、動物の中で唯一の二足歩行の動物なので、肋骨と骨盤の中間付近が痛くなるのですが、叔母さんの場合、脊柱起立筋、多裂筋、胸腰筋膜、腰背腱膜、広背筋など背部の筋肉にかなりの拘縮があり、ほぐすのにかなり時間がかかりました。
依って痛みが出たのは、腰椎ではなく背筋痛でありました。そのため、多少猫背状態でもありました。骨盤のズレは、施術により1~2分で改善しました。そして、毎日1・2回のエビ反り(正式にはパピーポジション)の軽いストレッチ等を指導しました。
これからも、ストレッチは継続していただくことと、長時間同じ姿勢をしないことを気を付けていただき、ますますお元気にお暮らしくださいね。そして、また痛くなった時にはいつでもご連絡ください。   甥の院長
背骨と肩甲骨の間の痛み:Yさん(70代女性)
先日、右側の肩甲骨と背骨の間が痛くて、3年半ぶりに真心堂療術院さんに治療に行きました。
同院は、私の団地にある治療院で先生とも顔馴染です。今回も前回と同様の痛みでした。
前回は、先生から最低3回は通院するようにとの指示をされましたが、2回の通院で痛みが取れたため、3回目の通院をしませんでした。
そのことが頭にあったため、恐る恐る治療室に入りましたが、先生は絵顔で「どうされましたか?」「よく来ていただきましたね」と温かく迎えてくれました。
そして、一通りの在り来たりな挨拶と症状を伝え治療に入りました。同院は、前回通院しましたので、全身治療をすることは分かっていました。
そして、先生から痛みの箇所と原因を指摘を受けました。先生から触診を受け、大きい痛みがある箇所は3箇所でした。
1箇所目は、左側臀部(先生から梨状筋痛)で、2箇所目は、左側下方背中部(先生から胸腰筋膜・広背筋)で、3箇所目は、右側肩甲骨内側(先生から脊柱起立筋)と言われました。
そして、仕事の状況(掃除婦)も問われ、なるほどと感心させられました。
先生からは、長時間(1時間くらい)の同一姿勢、真正面での仕事の対応、中腰での仕事の軽減を指示されました。
前回もそうでしたが、ワンタッチでの痛みの発見、的確なアドバイス、自分に合ったストレッチの実施などの指導を受け、今回は先生からの指導・指摘の通り通院しようと思いました。
前回同様、今回も心安らぐ、安心できる治療院だと感じて帰りました。

【Yさんへ】
先日は、3年半ぶりのご来院ありがとうございました。そして、よく思い出してお越しいただきました。さらに、この度は、当院への投稿ありがとうございました。
今回も前回と同じ箇所の痛みでのご来院でしたね。清掃という仕事上での同一姿勢による、同じ筋肉を使うため酷使し過ぎているケースで痛みが発生したと思われます。また、前回での医療面接の時でもそうでしたが、かなり以前よりストレスが溜まっているようにもお見受けしましたので、それも痛みの原因にもかなり影響しています。
触診中、何回となく「力を抜いてください」とお話しましたが、何時も身体に力が入り過ぎる傾向が見受けられます。初めての受診される方、特に女性のお客さまに多い現象ですが、何をされるかという不安もあるため、リラックス状態のお身体ではないと思われます。
今回の治療方針は、来院時お話しましたが、施術はもちろんですが、心のケアとストレッチを伝授いたしますので、しばらく月1回のペースでお通いください。そして、これからもより以上、元気で健やかにお暮らしいただきますよう、私も最善の施術をお約束します。
同じ団地で、近所でもありますので、何なりと心の中をさらけ出してください。私達には守秘義務がありますので、その辺はご心配なく!!
院 長
立っているのも辛い、背中と腰の痛み:Mさん(70代女性)
私は2011年3月に発生した東日本大震災後、仮設住宅に入居していましたが、その後自宅を改装し入居しました。しかし、腰痛という持病もあり、そっちこっちの整形外科、接骨院、マッサージなど色々なところに通っておりました。
その時は、自転車に乗ることはもちろん、歩くことも大変な時でした。そんな時、友達から「うちの仮説住宅にボランティアで月2回来ている先生がいるから来てみたら」と声を掛けていただきましたが、私はその仮設住宅に入居しておらずためらっていました。
その後また友達から、「先生が来ていいよ」と言っているよということを聞き、藁をもすがりたいが、半分諦めの気持ちで訪問してみました。治療時間は一人30分という制限があり、時間は短かったのですが、1回目の訪問で、先生からこれまで言われたことのないことを伝えられ唖然としました。
「あなたの悪い所は、骨盤のズレと、腰ではなく背中の痛みだよ」と言われました。そして、先生が手をかけていただいたところ、腰ではなく腰の上の背中の部分でした。それから骨盤のズレあっという間に治していただきました。背中の痛みも楽になり、これがゴットハンドだと思いました。
1回目で自分でも不思議なくらい、歩き方が変わり、そして痛みが和らいだことを鮮明に覚えています。それから、この先生が来ている間世話になろうと思い、仮説住宅がなくなるまで、半年間世話になりました。
その間、先生からは治療だけでなく、私に合ったストレッチまで教えていただきました。今でも先生から教えていただいたストレッチを、毎日欠かさず続けています。
お陰様で、今ではバスに乗って出かけたり、自転車に乗って買い物に行けるようになりました。これも先生のお陰様と嬉しく思い、これからも続けていきたいと思います。
先生には本当に感謝しております。7△才、まだまだ頑張ります。

何とも言えない精神的な不安・首の凝り:Mさん(70代男性)
これまで何年間も、毎日何となくだるい、首の辺りが凝るなど、憂鬱な気持ちで過ごしておりました。そのたびに整形外科・内科・接骨院などありとあらゆるところを受診し、異常なしと言われ続けた日々でした。そんなある日、知人から先生を紹介され、どうせ同じことを言われるだろうくらいの覚悟で受診してみました。
しかし、先生はよく話を聞いてくれて、身体に触る前に、『長い間の車の運転』『重い物を持ち続けたことの弊害によるストレートネック』『一人のいる時間が多いためのストレス』など、長年の仕事上の積み重ねが引き金になっていることを指摘されました。そして、触診に入り痛みの部位を確実に探り当てる(捉える)素晴らしい技術を持ち合わせた先生だと思いました。よく先生は、「人は良く噓をつくが、骨・筋肉は嘘はつかない」と話されます。先生と一緒にいると、何でも聞いてくれて、的確に指示してくれるので、今は少しずつ自信を取り戻しています。そして、先生から指摘された、ストレッチは勿論のこと、スイミングスクールでの水中歩行を継続しています。最近は先生から、以前はにわとりの首のような状態だったが、徐々にストレートネックが改善され、正常に近い状態になっていると言われ、安心して受診しています。先生からは、2ヵ月に1回でも良いと言われていますが、受診すると落ち着くので、毎月お邪魔しています。今後も定期的に通院したいと思っています。
精神的な悩み・腰痛の悩み:Yさん(60代男性)
これまで知り合いの鍼灸の治療を受けていたが、よくなる気配がないため、知人の紹介で受診してみました。先生とは、先生の前職時代から面識はありました。それとは別に、先生が治療院を出してたからは、初めての治療体験でした。初めて受けてみて、治療後の気持ちの良さは、これまで経験したことのないくらい、スッキリしたものでした。
それに先生とは年が近いこともあり、色々な話もしました。誰にも言えないで、これまで悩んでいたことが、先生と話ができたことで、勉強になったことも多く、何回となく受診し、掛け替えのないくらい重宝しています。
今後とも末永くお世話になりたいと思っておりますので温かく見守ってください。とにかく、時間を惜しまず、何でも聞いてくれる優しい先生なので、一度試してみてはいかがでしょうか。、
下半身の筋肉の張り・腰痛の悩み:Yさん(30代男性)
私は営業の仕事をしており、仕事柄毎日立っている時間が多いため、下半身の筋肉の張りや腰の痛みに悩まされていました。しかし、先生の施術を定期的に受けていることで、張りや痛みがどんどん良くなり、今では毎日痛みもない状態で安心して仕事ができるようになりました。
そしてもう一つ、私は10年ほど前に、膝の半月板を痛め手術を経験しました。その手術によって足の長さが変わり、骨盤のズレが随時起こるようになっていました。でも先生の『BRМ療法』による骨盤矯正をしていただいたら、骨盤のズレが緩和し、膝への負担も全くなくなり、長い時間歩いていても苦にならなくなったのを実感しています!! 先生には感謝ですね本当に! 皆さんも一度体験してみてほしいです!! 先生の施術の凄さがわかると思いますよ。
耐えられない生理痛・肩凝り腰痛の悩み:Mさん(30代女性)
子宮内膜症と診断を受け、生理中は痛み止めを服用しないと耐えられない痛みに長年悩まされていた私は、先生の治療を受け、今までの痛みが嘘のようになくなったんです。肩凝りや腰の痛みも緩和され、日々の生活がとても楽になりました。また、二人目の出産のときも、先生に骨盤調整をしていただいたお蔭で、安産での出産をすることができました。BRМ療法・カイロプラクティックの技術はとても凄い! それに先生は、お客さまに合わせて時間を割いて、よく話を聞いてくれるので、安心して治療が受けられます。みなさんも是非体験してみてください。

椎間板ヘルニアの痛み:Tさん(70代女性)【治療回数5回】
【症状】
腰痛のため整形外科を受診したところ、腰椎5番の椎間板ヘルニアと診断されたが、手術を拒否したいため当院に相談に来られました。来院時問診をしたところ、左大腿部下部に冷えとしびれがあるとのことと、仰臥位(仰向けの状態)で、初歩的な椎間ヘルニアの足の拳上検診をしたところ、普通通りに足が上がるので、椎間板ヘルニアではないと判断、色々問診したところ、50年間立ちの仕事(美容師)をしていたとのことでありました。
【施術】
BRM療法を主体として、ふくらはぎほぐし、肩関節・骨盤・脊柱・股関節・膝伸展不足を順次矯正しました。初回時、仙腸関節にも異常が見られず、圧痛箇所は背中の下方にありましたので、広背筋、胸腰筋膜を施すと同時に、骨盤矯正を行いました。2回目以降、少しずつ繊細に矯正を繰り返すうち、回を重ねるごと症状に変化が見られ、5回で腰痛が改善されました。その後、美容室も閉店し、腰痛もなくなり快適に生活しているとのことでした。
腰痛・関節痛の痛みとシビレ:Iさん(50代男性)【治療回数11回・継続中】
【症状】
特に腰痛と股関節の痛みが酷く、両足全体にしびれがあり、歩くのも困難な様子で、整形外科3箇所でレントゲンを撮るも異常なし、さらに数箇所の接骨院・カイロ治療院を転々と受診するも良くならず困っていたが、偶然通勤バス内で当院の広告を見て、少しでも良くなればと試しにBRM療法を受診してみようと来院されました。当時顔の表情には笑顔がなく、歩く姿勢もロボット状態でかなり肉体的にも悩んでいる様子でありました。初回カウンセリングをしたところ、30年位前に大きな事故に遭い頸椎損傷、10年位前に軽い脳梗塞を患い、さらに仕事柄長時間の中腰・立ち仕事・重い物を持つとのことでありました。
【結果】
BRM療法を主体とし、足先から頭部まで、うつ伏せ(伏臥位)、横向き(側臥位)、仰向け(仰臥位)の順で、ふくらはぎほぐし、腓骨・股関節・骨盤・脊柱・肩関節・頸椎を矯正しました。その後、月2・3回ベースで来院していただき施術したところ、数回目辺りから大きな変化が見られ、笑顔とジョークが出るようになり、さらには「神様・仏様・飯田様」と冗談の言葉も出ました。最近は、本人からの予約電話により継続的に来院しております。
腰の痛み:Yさん(20代女性)【治療回数5回】
【症状】
初回時、母親に付き添われ、脇を抱えられての来院でした。若いうえに、かなり痛みがひどいことから、内臓異常等もあると考えながら問診したところ、仕事柄ヒール靴を履き、長時間立ち仕事とのことで、取り敢えず応急処置を施して帰院させました。。
【結果】
初回は痛みが激しく、ぎっくり腰の応急処置を施し、しばらく安静にすることを指示し帰院させましたが、2回目は、触診により仙腸関節・腰部椎間関節のズレ、骨盤の歪み等を検査、骨に異常がないことを確認し、骨盤の歪み、胸腰筋膜部・ふくらはぎに著しい拘縮が見られほぐしを行いました。3回目以降、BRM療法を主体として、ふくらはきほぐし、骨盤・頸椎・脊柱・肩甲骨・頭蓋骨を順次矯正
し、一連の施術を実施した後、腰痛改善ストレッチ指導を伝授しました。その後4・5回と1ヶ月ごとに来院し、施術・矯正とご本人のストレッチの継続により快方に至りました。
育児による肩凝り・腰痛:Hさん(30代女性)【治療回数7回】
【症状】
育児による肩凝り・腰痛が激しく、知人紹介により来院されました。初回視診時、骨盤の歪みを発見、出産によるものと判断しました。
【結果】、
BRM療法を主体とし、ふくらはぎほぐし、骨盤・頸椎・頭蓋骨・肩甲骨を少しずつ順次矯正し、回を重ねるごとに肩凝り・腰痛の痛みの度合いが軽減し、頸椎のズレ・骨盤の歪みも治る→戻る→治るを繰り返していましたが、5回目から大幅な進展変化が見られ、その後継続治療と予後のストレッチ指導を行い、7回で改善されました。
仕事から来る背部・腰部の痛み:Kさん(50代男性)【治療回数4回】
【症状】
車の運転・パソコンに長時間向かう仕事柄、背部から腰部にかけて痛くなり、段々酷くなってきたとのことで来院されました。触診により気付いたことは、体質的に力が入り過ぎる傾向が多く、背面に筋拘縮が散見されました。
【結果】
BRM療法により、骨盤・脊柱を少しずつ順次矯正とたところ、少しずつ繊細に矯正を繰り返すうちに痛み・歪みが軽減し、4回の治療で快方に至りました。
左手拳上が困難・腰痛と背中の痛み:Тさん(60代女性)【治療回数4回】
【症状】
左手拳上が困難で、整形外科・接骨院等を受診するも改善に兆しが見られず、知人紹介により来院されました。初回カウンセリングにより、仕事柄長時間にわたる前傾姿勢が多いとのことで、他に腰痛・背中の痛みもありました。
【施術】
BRM療法により、毎回骨盤・脊柱・肩甲骨・頸椎を順次矯正し、さらに肩甲骨を下方に誘導する施術実施しました。2回目の施療で頸椎のズレ、骨盤の歪みが改善すると同時に背中の痛みが軽減し、その後の施術で肩関節可動域がスムーズになりました。
口の開閉時に違和感・肩や背中の痛み:Sさん(60代女性)【治療回数2回】
【症状】
歯科医院を受診するも、あくび・物を食べる時の口の開閉時の違和感が取れず、兄弟の紹介により来院されました。触診したところ他に肩凝り・背中の痛みもありました。
【結果】
BRM療法により、骨盤・脊柱・頭蓋骨・頸椎・肩関節を順次矯正したところ、初回の施術により、頬骨のズレが改善し口の開閉がスムーズになり、2回目の施術で骨盤・脊柱・肩関節も改善し、肩凝り・背中の痛みも軽減しました。
酷い腰痛と股関節痛の悩み:Мさん(50代男性)【治療回数3回】
【症状】
勤務が長距離トラック運転手で、ある時疲労による吐血で胃潰瘍と診断され、一週間入院したとのことでした。また、腰痛と股関節痛が酷く正座ができない状態でもありました。
【結果】
BRM療法を主体として、骨盤・股関節・脊柱・頭蓋骨を順次矯正、併せてふくらはぎほぐしを実施しました。初回の治療で股関節の痛みが解消し、背筋が伸び歩行スタイルも改善され、感心しながら院を後にしました。その後2回繰り返し矯正したところ、正座も短時間可能になり、痛みの頻度も少なくなり、長距離の運転も楽になったとのことでした。と同時に治療後予後のためストレッチ指導も行いました。
右肘が屈曲した状態で生活:Hさん(60代女性)【治療回数6回】
【症状】
夫婦二人で食堂を営み、本人は主に配膳運搬を担当しているとのことでした。10数年前から右肘が屈曲したまま伸展不能になり、右手が頭部・顔面まで届かない状態で、洗髪・洗顔も左手のみを使用、食事時も箸が口まで届かず左手中心に食事をしていたとのことでした。他にも頸椎のズレ、骨盤の歪み、O脚、両膝伸展不足もありました。
【結果】
BRM療法により、骨盤・股関節・両膝伸展不足・両肘橈骨回内・肩関節・頸椎を順次矯正したところ、3回目の施術で膝痛、骨盤の歪みが軽減したうえ、その後右手橈骨頭回内を繰り返し矯正と、上腕筋の拘縮部を弛緩操作したところ、頭部への拳上が可能になり、手も口まで持っていけるようになりました。お客さまから10数年振りに、安心して通常の生活ができると、涙ながら感謝の言葉をいただいた時のことが脳裏から離れません。
頚椎ヘルニア・ストレートネックの悩み:Мさん(40代女性)【治療回数4回】
【症状】
初回来院時、顔色が青白く、目もトロンとし無表情でありました。初回カウンセリングで整形外科でストレートネック・頸椎ヘルニアの診断により、通院時頸椎の牽引と投薬による治療を行っているとのことでした。他に肩凝りと腰痛の症状ありました。
【結果】
BRM療法を主体として、骨盤・頸椎・頭蓋骨を順次少しずつ2~3回繰り返し矯正をしたところ、少しずつ繊細に矯正を繰り返すうちに顔の表情に変化が見られ、その後回を重ねるごとに笑顔になり、首の回旋がスムーズになり肩凝りと腰痛が軽減しました。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

陸前落合駅×カイロプラクティック部門
2015年07月時点

PAGE TOP