腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|お客様の声

お客様の声|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

お客さまからこんな声が届いています

背中から腰にかけての痛み:Mさん(70代女性)
私は、日本食堂を任せられていますが、立ち仕事の影響もあり、首・肩・背中・腰・お尻・太腿・ふくらはぎ・足首のほとんどが痛く、色々の治療院に通いました。そんな時、歯医者さんより、こちらの治療院を紹介され、まず1回行ってみようとお邪魔しました。1回目で緊張もありましたが、先生と話をしているうちに、自分の痛みについてほとんどお話していました。その内容は、以前転倒して、肩と背中を傷めたこと、経営者からの指示で、床がピカびなになるくらい毎日、中腰での掃除をしていること、仕事柄丼物の配膳運びをしていること、勉強のため睡眠時間が少ないこと等々、先生のペースにはまり全てを話していました。いよいよ治療が始まり、時間的には1時間10分くらいで終わりました。終わった後の身体全体の爽快感は、今でも忘れられません。先生からは、仕事は休めないからうまく時間を使いなさいと言われました。そして、一通りメモをして、自分の痛みの部位を教わりました。頸椎のズレ、肩関節の可動域不足、肩甲骨のズレ、多裂筋の硬縮、胸腰筋膜並びに広背筋の硬縮、、骨盤のズレ、股関節のズレ、腓腹筋の硬縮、腓骨のズレなどのことを先生に言われました。それから、ストレッチと時間の使い方を教わり、1日目は終了しました。来た時と帰りの身体の感覚の違いが脳裏に焼き付いています。その後、仕事の関係で1カ月おきに来院していますが、毎回先生からワンタッチで「ここが痛いだろう」といわれ、そのピンポイントの見つけ方に唖然とします。毎回ですが、治療院は娘さんたちが使っていた2階の部屋ということで、わが家に返ってきたような感じで、治療中寝ているらしく時間の経つのが早いです。これからも継続してお邪魔しますので、先生これからもよろしくお願いします。
アットホーム的な本当にいい店ですよ。先生も優しいし。

【Mさんへ】
この度は、当店への丁重なるご投稿ありがとうございました。文章を見てびっくりしました。本当にまじめに私が言ったことをメモして行かれたんですね。専門用語がびっしりでした。年齢的に、筋肉もしっかりしていますし、姿勢も良いのですが、仕事柄、来院前と来院後のギャップが大き過ぎます。自分の身体は、自分で守らなければなりません。時間の配分の仕方と、やっている仕事の内容を再度見直してください。それから、パピーポジション(エビ反り)と片足上げだけでも、毎日励行してください。最後に、痛くなって腰が曲がってから、来院しても結局以前にもだったということになりますので、私のアドバイスしたことを少しでも実行してくださいね。健康を害してからでは遅いですからね。   院長
酷い腰痛と股関節痛の悩み:Мさん(50代男性)【治療回数3回】
【症状】
勤務が長距離トラック運転手で、ある時疲労による吐血で胃潰瘍と診断され、一週間入院したとのことでした。また、腰痛と股関節痛が酷く正座ができない状態でもありました。
【結果】
BRM療法を主体として、骨盤・股関節・脊柱・頭蓋骨を順次矯正、併せてふくらはぎほぐしを実施しました。初回の治療で股関節の痛みが解消し、背筋が伸び歩行スタイルも改善され、感心しながら院を後にしました。その後2回繰り返し矯正したところ、正座も短時間可能になり、痛みの頻度も少なくなり、長距離の運転も楽になったとのことでした。と同時に治療後予後のためストレッチ指導も行いました。
頚椎ヘルニア・ストレートネックの悩み:Мさん(40代女性)【治療回数4回】
【症状】
初回来院時、顔色が青白く、目もトロンとし無表情でありました。初回カウンセリングで整形外科でストレートネック・頸椎ヘルニアの診断により、通院時頸椎の牽引と投薬による治療を行っているとのことでした。他に肩凝りと腰痛の症状ありました。
【結果】
BRM療法を主体として、骨盤・頸椎・頭蓋骨を順次少しずつ2~3回繰り返し矯正をしたところ、少しずつ繊細に矯正を繰り返すうちに顔の表情に変化が見られ、その後回を重ねるごとに笑顔になり、首の回旋がスムーズになり肩凝りと腰痛が軽減しました。
腰椎椎間板ヘルニアの改善:Тさん(80代女性)
私は、2011年の11月の6年前整形外科で「腰椎椎間板ヘルニア(腰椎4・5番)」と診断され手術をするかしないか悩んでいた時でした。訪問を受け丁度50年間美容業と着付けの仕事をしていたことをお話しました。そして、50年間仕事をしたので閉店して間もないころでした。仕事をしていても腰に痛みはありましたが、我慢をすれば仕事はできましたので、そのまま続けて営業を続けていました。そして、店をたたんでから整形外科を受診し、ヘルニアと診断されました。
そして、先生との話が終わり、治療してもらい、先生から言われたことは、骨盤のズレと背筋痛とのことで、その後毎月1回ずつ、合計5回治療を受けました。先生から最初にヘルニアではない旨話をされて安心したことと、50年間頑張った勲章だねと言われ、なるほど立ち仕事による職業病であることも気付きました。そして、5回の治療で痛みもなくなり、その後6年経過した現在も痛みがなく、現在に至っています。6年前は痛みがひどく、手術するかどうかの焦りもありましたが、6年経過しても痛みがないことが不思議で、先生に改めて感謝の言葉とカイロプラクティックのすごさを味わいました。
ただ、6年前先生から教わった体操は、今でも続けてやっています。先生その節はお世話になりました。そして本当にありがとうございました。

【Тさんへ】
Tさん速いものであれから6年の月日が経ちましたが、腰痛等の痛みもなく元気にお暮らしとのこと何よりです。そして、私がお教えしたストレッチを継続してやられているとのこと、素晴らしく思います。
その継続が何よりなのです。一般に、お医者さんからこれをしなければ「死んじゃうよ」と言われると、皆さん一生懸命やるのですが、多少の痛みでは我慢もするし、やらなくなるのが常なのです。正直言えば、以前の私もそうでした。「継続は力なり」と先人はよく考えました。私も予防のために、主治医に言われたことを忠実に、1日50分程度のウォーキングを、毎月25日以上、2年間以上継続しています。そのため、お腹の筋肉はだいぶ落ち以前のズボン(白衣も)はゆるゆるで、ウエストが約10cm減りました。
さて思い起こせば6年前、Tさんから実状をお聞きしお身体を触診しましたが、50年にわたる仕事上だと思いますが、中腰の姿勢が多いため、長時間立ち仕事のため、骨盤のズレがかなりありました。専門的に言いますと、仰臥位(仰向け)で上前腸骨棘(じょうぜんちょうこつきょく)に2.5cm、また伏臥位(うつ伏せ)で腸骨稜(ちょうこつりょう)にも同じくらいのズレがあり、脚長差の違いもありました。
ただし、仙腸関節のズレはなかったので、短期間の施術で快方に向かいました。ただ一番ひどかったのは、長年の立ち仕事のため、背筋痛が酷かったですね。腰の少し上を押すだけでかなり痛がっていたことを思い出します。人間は、動物の中で唯一の二足歩行の動物なので、肋骨と骨盤の中間付近が痛くなるのですが、Тさんの場合、脊柱起立筋、多裂筋、胸腰筋膜、腰背腱膜、広背筋など背部の筋肉にかなりの拘縮があり、ほぐすのにかなり時間がかかりました。
依って痛みが出たのは、腰椎ではなく背筋痛でありました。そのため、多少猫背状態でもありました。骨盤のズレは、施術により1~2分で改善しました。そして、毎日1・2回のエビ反り(正式にはパピーポジション)の軽いストレッチ等を指導しました。
これからも、ストレッチは継続していただくことと、長時間同じ姿勢をしないことを気を付けていただき、ますますお元気にお暮らしくださいね。
院長
背骨と肩甲骨の間の痛み:Yさん(70代女性)
先日、右側の肩甲骨と背骨の間が痛くて、3年半ぶりに真心堂療術院さんに治療に行きました。
同院は、私の団地にある治療院で先生とも顔馴染です。今回も前回と同様の痛みでした。
前回は、先生から最低3回は通院するようにとの指示をされましたが、2回の通院で痛みが取れたため、3回目の通院をしませんでした。
そのことが頭にあったため、恐る恐る治療室に入りましたが、先生は絵顔で「どうされましたか?」「よく来ていただきましたね」と温かく迎えてくれました。
そして、一通りの在り来たりな挨拶と症状を伝え治療に入りました。同院は、前回通院しましたので、全身治療をすることは分かっていました。
そして、先生から痛みの箇所と原因を指摘を受けました。先生から触診を受け、大きい痛みがある箇所は3箇所でした。
1箇所目は、左側臀部(先生から梨状筋痛)で、2箇所目は、左側下方背中部(先生から胸腰筋膜・広背筋)で、3箇所目は、右側肩甲骨内側(先生から脊柱起立筋)と言われました。
そして、仕事の状況(掃除婦)も問われ、なるほどと感心させられました。
先生からは、長時間(1時間くらい)の同一姿勢、真正面での仕事の対応、中腰での仕事の軽減を指示されました。
前回もそうでしたが、ワンタッチでの痛みの発見、的確なアドバイス、自分に合ったストレッチの実施などの指導を受け、今回は先生からの指導・指摘の通り通院しようと思いました。
前回同様、今回も心安らぐ、安心できる治療院だと感じて帰りました。

【Yさんへ】
先日は、3年半ぶりのご来院ありがとうございました。そして、よく思い出してお越しいただきました。さらに、この度は、当院への投稿ありがとうございました。
今回も前回と同じ箇所の痛みでのご来院でしたね。清掃という仕事上での同一姿勢による、同じ筋肉を使うため酷使し過ぎているケースで痛みが発生したと思われます。また、前回での医療面接の時でもそうでしたが、かなり以前よりストレスが溜まっているようにもお見受けしましたので、それも痛みの原因にもかなり影響しています。
触診中、何回となく「力を抜いてください」とお話しましたが、何時も身体に力が入り過ぎる傾向が見受けられます。初めての受診される方、特に女性のお客さまに多い現象ですが、何をされるかという不安もあるため、リラックス状態のお身体ではないと思われます。
今回の治療方針は、来院時お話しましたが、施術はもちろんですが、心のケアとストレッチを伝授いたしますので、しばらく月1回のペースでお通いください。そして、これからもより以上、元気で健やかにお暮らしいただきますよう、私も最善の施術をお約束します。
同じ団地で、近所でもありますので、何なりと心の中をさらけ出してください。私達には守秘義務がありますので、その辺はご心配なく!!
院 長
立っているのも辛い、背中と腰の痛み:Mさん(70代女性)
私は2011年3月に発生した東日本大震災後、仮設住宅に入居していましたが、その後自宅を改装し入居しました。しかし、腰痛という持病もあり、そっちこっちの整形外科、接骨院、マッサージなど色々なところに通っておりました。
その時は、自転車に乗ることはもちろん、歩くことも大変な時でした。そんな時、友達から「うちの仮説住宅にボランティアで月2回来ている先生がいるから来てみたら」と声を掛けていただきましたが、私はその仮設住宅に入居しておらずためらっていました。
その後また友達から、「先生が来ていいよ」と言っているよということを聞き、藁をもすがりたいが、半分諦めの気持ちで訪問してみました。治療時間は一人30分という制限があり、時間は短かったのですが、1回目の訪問で、先生からこれまで言われたことのないことを伝えられ唖然としました。
「あなたの悪い所は、骨盤のズレと、腰ではなく背中の痛みだよ」と言われました。そして、先生が手をかけていただいたところ、腰ではなく腰の上の背中の部分でした。それから骨盤のズレあっという間に治していただきました。背中の痛みも楽になり、これがゴットハンドだと思いました。
1回目で自分でも不思議なくらい、歩き方が変わり、そして痛みが和らいだことを鮮明に覚えています。それから、この先生が来ている間世話になろうと思い、仮説住宅がなくなるまで、半年間世話になりました。
その間、先生からは治療だけでなく、私に合ったストレッチまで教えていただきました。今でも先生から教えていただいたストレッチを、毎日欠かさず続けています。
お陰様で、今ではバスに乗って出かけたり、自転車に乗って買い物に行けるようになりました。これも先生のお陰様と嬉しく思い、これからも続けていきたいと思います。
先生には本当に感謝しております。7△才、まだまだ頑張ります。

何とも言えない精神的な不安・首の凝り:Mさん(70代男性)
これまで何年間も、毎日何となくだるい、首の辺りが凝るなど、憂鬱な気持ちで過ごしておりました。そのたびに整形外科・内科・接骨院などありとあらゆるところを受診し、異常なしと言われ続けた日々でした。そんなある日、知人から先生を紹介され、どうせ同じことを言われるだろうくらいの覚悟で受診してみました。
しかし、先生はよく話を聞いてくれて、身体に触る前に、『長い間の車の運転』『重い物を持ち続けたことの弊害によるストレートネック』『一人のいる時間が多いためのストレス』など、長年の仕事上の積み重ねが引き金になっていることを指摘されました。そして、触診に入り痛みの部位を確実に探り当てる(捉える)素晴らしい技術を持ち合わせた先生だと思いました。よく先生は、「人は良く噓をつくが、骨・筋肉は嘘はつかない」と話されます。先生と一緒にいると、何でも聞いてくれて、的確に指示してくれるので、今は少しずつ自信を取り戻しています。そして、先生から指摘された、ストレッチは勿論のこと、スイミングスクールでの水中歩行を継続しています。最近は先生から、以前はにわとりの首のような状態だったが、徐々にストレートネックが改善され、正常に近い状態になっていると言われ、安心して受診しています。先生からは、2ヵ月に1回でも良いと言われていますが、受診すると落ち着くので、毎月お邪魔しています。今後も定期的に通院したいと思っています。
精神的な悩み・腰痛の悩み:Yさん(60代男性)
これまで知り合いの鍼灸の治療を受けていたが、よくなる気配がないため、知人の紹介で受診してみました。先生とは、先生の前職時代から面識はありました。それとは別に、先生が治療院を出してたからは、初めての治療体験でした。初めて受けてみて、治療後の気持ちの良さは、これまで経験したことのないくらい、スッキリしたものでした。
それに先生とは年が近いこともあり、色々な話もしました。誰にも言えないで、これまで悩んでいたことが、先生と話ができたことで、勉強になったことも多く、何回となく受診し、掛け替えのないくらい重宝しています。
今後とも末永くお世話になりたいと思っておりますので温かく見守ってください。とにかく、時間を惜しまず、何でも聞いてくれる優しい先生なので、一度試してみてはいかがでしょうか。、
下半身の筋肉の張り・腰痛の悩み:Yさん(30代男性)
私は営業の仕事をしており、仕事柄毎日立っている時間が多いため、下半身の筋肉の張りや腰の痛みに悩まされていました。しかし、先生の施術を定期的に受けていることで、張りや痛みがどんどん良くなり、今では毎日痛みもない状態で安心して仕事ができるようになりました。
そしてもう一つ、私は10年ほど前に、膝の半月板を痛め手術を経験しました。その手術によって足の長さが変わり、骨盤のズレが随時起こるようになっていました。でも先生の『BRМ療法』による骨盤矯正をしていただいたら、骨盤のズレが緩和し、膝への負担も全くなくなり、長い時間歩いていても苦にならなくなったのを実感しています!! 先生には感謝ですね本当に! 皆さんも一度体験してみてほしいです!! 先生の施術の凄さがわかると思いますよ。
耐えられない生理痛・肩凝り腰痛の悩み:Mさん(30代女性)
子宮内膜症と診断を受け、生理中は痛み止めを服用しないと耐えられない痛みに長年悩まされていた私は、先生の治療を受け、今までの痛みが嘘のようになくなったんです。肩凝りや腰の痛みも緩和され、日々の生活がとても楽になりました。また、二人目の出産のときも、先生に骨盤調整をしていただいたお蔭で、安産での出産をすることができました。BRМ療法・カイロプラクティックの技術はとても凄い! それに先生は、お客さまに合わせて時間を割いて、よく話を聞いてくれるので、安心して治療が受けられます。みなさんも是非体験してみてください。

椎間板ヘルニアの痛み:Tさん(70代女性)【治療回数5回】
【症状】
腰痛のため整形外科を受診したところ、腰椎5番の椎間板ヘルニアと診断されたが、手術を拒否したいため当院に相談に来られました。来院時問診をしたところ、左大腿部下部に冷えとしびれがあるとのことと、仰臥位(仰向けの状態)で、初歩的な椎間ヘルニアの足の拳上検診をしたところ、普通通りに足が上がるので、椎間板ヘルニアではないと判断、色々問診したところ、50年間立ちの仕事(美容師)をしていたとのことでありました。
【施術】
BRM療法を主体として、ふくらはぎほぐし、肩関節・骨盤・脊柱・股関節・膝伸展不足を順次矯正しました。初回時、仙腸関節にも異常が見られず、圧痛箇所は背中の下方にありましたので、広背筋、胸腰筋膜を施すと同時に、骨盤矯正を行いました。2回目以降、少しずつ繊細に矯正を繰り返すうち、回を重ねるごと症状に変化が見られ、5回で腰痛が改善されました。その後、美容室も閉店し、腰痛もなくなり快適に生活しているとのことでした。
腰痛・関節痛の痛みとシビレ:Iさん(50代男性)【治療回数11回・継続中】
【症状】
特に腰痛と股関節の痛みが酷く、両足全体にしびれがあり、歩くのも困難な様子で、整形外科3箇所でレントゲンを撮るも異常なし、さらに数箇所の接骨院・カイロ治療院を転々と受診するも良くならず困っていたが、偶然通勤バス内で当院の広告を見て、少しでも良くなればと試しにBRM療法を受診してみようと来院されました。当時顔の表情には笑顔がなく、歩く姿勢もロボット状態でかなり肉体的にも悩んでいる様子でありました。初回カウンセリングをしたところ、30年位前に大きな事故に遭い頸椎損傷、10年位前に軽い脳梗塞を患い、さらに仕事柄長時間の中腰・立ち仕事・重い物を持つとのことでありました。
【結果】
BRM療法を主体とし、足先から頭部まで、うつ伏せ(伏臥位)、横向き(側臥位)、仰向け(仰臥位)の順で、ふくらはぎほぐし、腓骨・股関節・骨盤・脊柱・肩関節・頸椎を矯正しました。その後、月2・3回ベースで来院していただき施術したところ、数回目辺りから大きな変化が見られ、笑顔とジョークが出るようになり、さらには「神様・仏様・飯田様」と冗談の言葉も出ました。最近は、本人からの予約電話により継続的に来院しております。
腰の痛み:Yさん(20代女性)【治療回数5回】
【症状】
初回時、母親に付き添われ、脇を抱えられての来院でした。若いうえに、かなり痛みがひどいことから、内臓異常等もあると考えながら問診したところ、仕事柄ヒール靴を履き、長時間立ち仕事とのことで、取り敢えず応急処置を施して帰院させました。。
【結果】
初回は痛みが激しく、ぎっくり腰の応急処置を施し、しばらく安静にすることを指示し帰院させましたが、2回目は、触診により仙腸関節・腰部椎間関節のズレ、骨盤の歪み等を検査、骨に異常がないことを確認し、骨盤の歪み、胸腰筋膜部・ふくらはぎに著しい拘縮が見られほぐしを行いました。3回目以降、BRM療法を主体として、ふくらはきほぐし、骨盤・頸椎・脊柱・肩甲骨・頭蓋骨を順次矯正
し、一連の施術を実施した後、腰痛改善ストレッチ指導を伝授しました。その後4・5回と1ヶ月ごとに来院し、施術・矯正とご本人のストレッチの継続により快方に至りました。
育児による肩凝り・腰痛:Hさん(30代女性)【治療回数7回】
【症状】
育児による肩凝り・腰痛が激しく、知人紹介により来院されました。初回視診時、骨盤の歪みを発見、出産によるものと判断しました。
【結果】、
BRM療法を主体とし、ふくらはぎほぐし、骨盤・頸椎・頭蓋骨・肩甲骨を少しずつ順次矯正し、回を重ねるごとに肩凝り・腰痛の痛みの度合いが軽減し、頸椎のズレ・骨盤の歪みも治る→戻る→治るを繰り返していましたが、5回目から大幅な進展変化が見られ、その後継続治療と予後のストレッチ指導を行い、7回で改善されました。
仕事から来る背部・腰部の痛み:Kさん(50代男性)【治療回数4回】
【症状】
車の運転・パソコンに長時間向かう仕事柄、背部から腰部にかけて痛くなり、段々酷くなってきたとのことで来院されました。触診により気付いたことは、体質的に力が入り過ぎる傾向が多く、背面に筋拘縮が散見されました。
【結果】
BRM療法により、骨盤・脊柱を少しずつ順次矯正とたところ、少しずつ繊細に矯正を繰り返すうちに痛み・歪みが軽減し、4回の治療で快方に至りました。
左手拳上が困難・腰痛と背中の痛み:Тさん(60代女性)【治療回数4回】
【症状】
左手拳上が困難で、整形外科・接骨院等を受診するも改善に兆しが見られず、知人紹介により来院されました。初回カウンセリングにより、仕事柄長時間にわたる前傾姿勢が多いとのことで、他に腰痛・背中の痛みもありました。
【施術】
BRM療法により、毎回骨盤・脊柱・肩甲骨・頸椎を順次矯正し、さらに肩甲骨を下方に誘導する施術実施しました。2回目の施療で頸椎のズレ、骨盤の歪みが改善すると同時に背中の痛みが軽減し、その後の施術で肩関節可動域がスムーズになりました。
口の開閉時に違和感・肩や背中の痛み:Sさん(60代女性)【治療回数2回】
【症状】
歯科医院を受診するも、あくび・物を食べる時の口の開閉時の違和感が取れず、兄弟の紹介により来院されました。触診したところ他に肩凝り・背中の痛みもありました。
【結果】
BRM療法により、骨盤・脊柱・頭蓋骨・頸椎・肩関節を順次矯正したところ、初回の施術により、頬骨のズレが改善し口の開閉がスムーズになり、2回目の施術で骨盤・脊柱・肩関節も改善し、肩凝り・背中の痛みも軽減しました。
右肘が屈曲した状態で生活:Hさん(60代女性)【治療回数6回】
【症状】
夫婦二人で食堂を営み、本人は主に配膳運搬を担当しているとのことでした。10数年前から右肘が屈曲したまま伸展不能になり、右手が頭部・顔面まで届かない状態で、洗髪・洗顔も左手のみを使用、食事時も箸が口まで届かず左手中心に食事をしていたとのことでした。他にも頸椎のズレ、骨盤の歪み、O脚、両膝伸展不足もありました。
【結果】
BRM療法により、骨盤・股関節・両膝伸展不足・両肘橈骨回内・肩関節・頸椎を順次矯正したところ、3回目の施術で膝痛、骨盤の歪みが軽減したうえ、その後右手橈骨頭回内を繰り返し矯正と、上腕筋の拘縮部を弛緩操作したところ、頭部への拳上が可能になり、手も口まで持っていけるようになりました。お客さまから10数年振りに、安心して通常の生活ができると、涙ながら感謝の言葉をいただいた時のことが脳裏から離れません。
何とも言えない体のだるさと腰痛:Тさん(80代女性)
2年振りに先生に電話をして、送迎をしていただき来院しました。2年前までは、知り合いの家で、知り合いの夫婦と私の3人で1ヶ月半くらいずつ先生に治療をしていただき、順調に生活を送っていました。その後知り合いの方から何となく治療依頼の申し出がなくなり2年の月日が経っていた。先生とはその後も何回となく、電話でお話をしていましたが、交通手段もなく身体も順調だったので、電話だけのお付き合いでした。その後、半月くらい前から、何とも言えない体のだるさと腰痛に苦しんでいたところ、偶然にも先生から電話があり、お話をしたところ送迎をしていただき、治療していただくことになりました。私は現在、交通手段がないため、3ヶ月に一度タクシーを使い、某病院で治療を受け、朝に7種類、夜に9種類の薬を服用しております。真心堂の先生から治療を一通り受け言われたことは、体のだるさは薬の副作用、不定愁訴、気象の異常等と言われました。腰痛については、身体がだるいため、毎日椅子に腰を掛けているばかりの生活だったので、長期間による同一体勢からくる背筋痛とのことで、治療を受け楽になったことと、先生と話をして安心したことでした。先生からは、1ヶ月後に送迎付きで再度治療する旨指示を受け一安心しました。これからも良くなっても2ヶ月に1度くらいずつ先生のところに通おうと思っています。とにかく今回は、先生の顔を見て安心したこととと、こんなに長く先生とお話しできたことがうれしく、安心して帰りました。

<Tさんへ>
Tさん、体調の悪い中、わざわざのご投稿ありがとうございました。Tさんとは、私が前職の時からですから、15年来の知り合いですね。そのご縁で、私が開業後、平成24年からお付き合いをさせていただいておりましたが、2年前から途絶えてしまい心配していたところです。今般また治療する機会をいただきましたが、ご自宅へお迎えにあがり、びっくりしたのは本当に調子悪そうに、笑顔はなく、顔がほっそりしたことでした。Tさんのチャームポイントは、歳に程遠いくらいの絵顔です。そして、休みなしにお話をされる方でしたね。それが全く別人のように、笑顔は全くなく、顔が下がり、会話をするのも大変なご様子でした。治療を始める前に問診をし、薬の量の多さ、それに伴う副作用の影響からか、ほとんど座りっぱなしの状態の話しでした。ただ、一つだけ安心したのは、2年前と同じくらい身体全体の筋肉が落ちていないことでした。治療するなり絵顔を取り戻し、最近座っているばかりの様子でしたので、胸腰筋膜の張り(背筋痛)でいくらか安心しました。次回主治医の治療時に、ご息女と同行するとのことでしたので、体調の悪さと薬の副作用のことを相談するようお話しました。また、Tさんは真面目過ぎるので、自律神経も影響していると思われます。
また、来月治療にお出でになりますので、どのくらい変化しているか診てみたいと思います。睡眠、食事(栄養)を摂って、2・3指導したストレッチを実施してみてください。  院長
尋常な足のむくみと激痛の腰痛:Kさん(70代 女性)
長年清掃会社に勤務していますが、長年の疲れが溜まったせいか、酷い腰痛と異常な両足のむくみにより、我慢をしていましたが堪え切れずに、主人に付き添われて電柱広告を見て、当院を受診してみました。当院につくなり、先生にびっくりされましたが、先生から少し休んでから治療しましょうと言われ、問診を受けました。先生は優しい先生でしたが、今現在休みなしで働いていることを話ししたところ、仕事と身体のどちらが大事なんだと叱られました。治療中も先生と色々話をしながら施術をうけましたが、治療は、最初にうつ伏せ状態でふくらはぎを最初にほぐしてもらい気持ち良いくらい楽になりました。そして、骨盤の調整をしたところ3.5cmくらいのズレがあるということで、先生の技術であっという間にズレが取れました。そして、お尻から腰に掛けて治療受けたところ、お尻の両側がかなり痛く感じました。先生からは、梨状筋痛と言われました。次に、肋骨のところから背中に掛けて治療を受けましたが、肋骨のちょっと上の部分が何ともなく痛かったです。先生からは、立ち仕事と仕事のやり過ぎによる胸腰筋膜痛と言われました。
つぎに、仰向けになり、股関節、骨盤の治療と、頭蓋矯正を受けました。治療には1時間程度かかり、かなり楽になりました。治療が終わり、先生から仕事上の注意を再度言われ、足のむくみは、内臓(腎臓)か薬の副作用、そして仕事柄トイレを我慢する機会が多いので、最初に泌尿器科を受診するよう指示されました。そして、泌尿器科を受診したところ、総合病院を紹介され、結果的に薬の副作用によるむくみが原因いうことで3週間の入院加療となりました。そして、腰痛は圧迫骨折も見つかりコルセットをしての入院生活となりました。最初の真心堂の先生からの的確なアドバイスにより、仕事のし過ぎによるための症状で、入院にはなりましたが、身体・健康の見直しと、人生の見直しもできる切っ掛けともなりましたので、感謝に耐えません。ありがとうございました。
先生からの「健康があっての仕事だよ」のアドバイスをいつも思い出し、退院後は、主人と身体と相談しながら、ぼちぼちゆっくり働こうと思っています。

<Kさんへ>
当院へのわざわざのご投稿ありがとうございました。ご来店時は、大変なご様子で、ご主人と共にとてもびっくりと心配でした。振り返ってみますと、両足のむくみは尋常ではなく、腎臓機能の低下を疑いました。それと仕事による全体的な筋肉の硬縮が散見され、ただ事ではないなと脳裏をよぎりました。その際、当院での治療前に泌尿器系、内科系の受診が肝要かと考え、仕事柄トイレを我慢しているとの問診も鑑み、泌尿器科受診を勧めました。結果的に、薬の副作用とのことですが、一先ず入院成され疲労困憊の身体を安静になられたことが、当院としては安堵しております。当院での受診の際もお話しましたが、もちろん仕事も大事です。しかし、もっと大事なものは、ご自分の命、ご家族当を含めた家庭円満だと推察します。あの状態ではかなりの無理が長年続いていたと思われます。とにかく今は、覚悟を決め、ご自分の身体のケアを第一に考えてください。そして、その後ご主人を含めて時間に余裕のあるお勤めをご検討ください。くれぐれもお大事にしてください。   院長
腰痛:Sさん(80代 男性)
私は元気が取り柄な、80半ばのゴルフ大好き人間である。そのゴルフ大好き人間が、今年に入り腰に激痛が走り、大好きなゴルフをできず、整形外科・接骨院など病院通いをしている昨今である。整形外科では電気と薬、接骨院では筋肉をほぐす程度で、良くなったと思えばまた痛み、その繰り返しの日々である。正直ここまでくると焦りの状況である。
そんな時、以前勤務していた某信金に用事があり、支店長と面談した際、やはり某信金の後輩が経営している真心堂を紹介され、早速予約の電話を入れた。その際、院長である後輩から、「先輩大夫元気そうで何よりです」の電話での返答だったので、腰が痛いの旨を話しをすると、後輩は簡単に「先ず大したことがないでしょう」という。なぜかと聞いたところ、問診をしていたが重症のお客さまだったら、痛さで声のトーンが沈んでいるというのだ。そして、一週間後に訪問する旨約束し電話を切った。
そして、約束の一週間後訪問したところ、20年以上もお互い合っていなかったので、その風貌にお互い歳をとったなと驚いた。そして、挨拶と問診を短時間で済ませ治療に入った。そこでびっくりしたのは、こういう人のことをゴットハンドというのかと思うくらい、ピンポイントで痛みの箇所を探り当てていく。今年随分色々な病院(治療院)を訪問したが初めての体験だった。
後輩は、うつ伏せ・仰向けの順で、復習を兼ねてということで、痛みの有る筋肉を専門用語で伝え、約1時間の治療が終わった。お茶を飲みながら異常の箇所と原因の結果報告があった。異常の箇所は、うつ伏せ状態で右ふくらはぎの内側、両臀部、骨盤のズレ、左側肋骨と腰部の中間、猫背で、原因は、普段のバランスの悪さ、年甲斐もなくゴルフのし過ぎとのことであった。
仰向け状態では、特に異常は見受けられないとのこと。そして、筋肉が年齢より非常に若いとのことであった。後輩の仕事ぶり、話す内容の充実さ、院長としての凛々しさに感心し、結果報告をする時の堂々とした伝え方にも頼もしさを感じた。後輩は、信金時代から真面目で一生懸命やる人間であったが、治療家となった現在も変わることなくさらに新鮮さを感じながら、3週間後再訪問する旨伝え店を後にした。
そして、1日が経ち、2日が経つにつれ、段々腰の具合が楽になるのが分かり、もっと早く治りたいとの思いから、後輩に電話を入れ、3週間後を2週間後に変更してもらった。

<S先輩へ>
先輩、早速ご投稿ありがとうございました。そして、心温まる文面恐れ入ります。
初めに、突然の電話と来店に、何十年ぶりにお会いし、相変わらずのバイタリティさにびっくりしました。だだ、正直お互い本当に年を重ねたこと、おじいちゃんになったなとつくづく思いました。そして、80半ばで今でも年何回もゴルフをやっているとのことで、あまりの元気さに唖然としました。
さて、治療家として、先輩のお身体を拝見し、筋肉は50代後半から60代前半の若さをお持ちですが、ゴルフのし過ぎが筋肉にもろにきております。今回は、全体の筋肉を拝見し、硬縮部位を探り当てましたので、次回は、その揉みほぐしと、猫背の部位を中心に施術しようと考えております。今回の異常部位は、右足ふくらはぎ内側の腓腹筋とヒラメ筋,両側臀部の梨状筋、骨盤のズレ(2.5cm)に硬縮があり、特に酷かったのは、左側の腸骨稜(腰の骨の一番高いところ)の上部の胸腰筋膜の凝りです。わたしは、これまで何千人の身体を診てきましたが、先輩のように筋肉とは言えない、木・石のような硬縮した部位は初めてでした。痛いのは当然です。
次回は、その部位を中心に施術し、併せてストレッチもお教えします。さらに、猫背状態のようですので、それも併せて改善して参ります。改善にはそれほど時がかからないと思いますが、特に身体をひねるゴルフは、心臓に負担が掛りますので、年齢的なことも含め、月1回程度の運動としての回数に留めていただくことをお勧めいたします。
先生に感謝! :Oさん(80代 女性)
飯田先生とは、先生が信金時代からの知合いですから、15年くらいになりますが、友人から飯田先生がカイロプラクティックの治療院を開業したことを聞き、藁にもすがる思いで思い切って電話をしてみました。その当時の私は、3ヶ月に1回の割合で、かかりつけの病院にかかっていましたが、身体がだるく、むくみ、少し歩いては動悸、息切れ、手足が冷たく、腰が重く、肩凝り、食欲不振など倦怠感に悩まされていました。飯田先生と電話でお話した際、先生に迎えに来ていただき、15年前の私を知っている先生が、あまりの変わりようにびっくりしておられました。そして、飯田先生に先程のようなことをお話し、一通り痛くない治療を受けました。治療を終え、先生から言われたことは、年齢的にふくらはぎを始め、全身の筋肉がしっかりしていると言われ、まだまだ頑張られると言われました。その時は嬉しくなりました。そしてその後も色々お話をし、飯田先生から症状から考えられることをいわれました。不定愁訴、自律神経失調症、心不全、更年期障害というようなことを言われました。今の病院は、主治医ではなく、某病院から派遣される先生なので、その時の先生が違うことが度々あります。そのことを飯田先生にお話をした際、飯田先生から早めに病院を訪ね、取り返しのつかないうちに、セカンドオピニオンという違う病院を紹介してもらうよう頼んでみなさいと言われました。そして、早速2日後に病院に行き、お話をしたところK病院を紹介していただきました。そして、1週間後に来院し、検査を受けたところ、軽度の心不全と言われ、その後の経過により、ペースメーカー着用になるかも知れないことを伝えられました。しかし、何年も悶々としていたものが、原因も分かり、胸のつかえが取れたような気がしました。飯田先生からアドバイスを受け、思い切ってかかりつけ医にお話したことで、今は気持ち的にも身体が軽くなったような気がしています。今は、半月のペースでK病院に通院しています。飯田先生には感謝の言葉しかこざいません。本当にありがとうございました。

<Oさんへ>
当院へのご投稿ありがとうございました。
そうでしたか? 私のお話したとおり、病院を変更してよかったですね。 病院も先生も忙しいのは分かりますが、お客さまに寄り添った応対、マンネリは一番困りますよね。
お電話をいただき、訪問してお姿を見た時には正直びっくりしました。時は大夫経ちましたが、私の知っているOさんは、笑顔の絶えない、明るい口調でハッキリ物事を言うバイタリティなイメージでしたので、最初の電話での声のトーンも低く、別人のように体調の悪さを感じました。そして、訪問した際も体調の悪さからか頭が下がり、かなり体調が悪いことを感じ取りました。来院時、あまり刺激しないよう様子をうかがいながら治療に入りましたが、両足にむくみがあり、車中での話でも、歩くと動悸・息切れがあるとのことでした。施術中も私の勉強した色々のケースを想定し施術しました。中でも俗に言われる不定愁訴も疑いましたが、全身の筋肉も年齢以上にしっかりしており、脊柱・骨盤の歪みも少なく、頭蓋矯正もして交感神経、副交感神経のバランスもとれていることから、当初にお聞きした、動悸息切れとむくみから、ひょっとしてと医学白書を調べ、心不全と症状が似ていることから、心不全を疑いセカンドオピニオンを勧めました。
メール内容では、今後の結果次第でペースメーカー着用の話しでありましたが、私の知っている方の中にも、ペースメーカーを着用している方が数名います。とにかく、現在通院している先生を信じ、先生のいうことをよく聞いて、元気で長生きしてください。私でよければ、いつでもご連絡ください。先ずは、大事に至らなかったことを幸いに思います。  院 長
Nさん(40代 女性)
【来院したきっかけ】
親友の紹介
【症状】
肩凝り、骨盤のズレ、精神的な悩みなど
【これまでの来院回数】
3年ぶりに来院(初回)
【感想】
先生は親友のお父さんであり、何でも話せる先生です。今回3年ぶりに来院しましたが、これまでも電話、メールなどでいろいろ相談に乗っていただきました。
今回は娘とともに来院しましたが、自分の娘(親友)以上に親身に心配をし、話もしてくれました。
先生には、娘ともども全身治療をしていただき、身体の中から悪魔が出て行くくらい、心身共に軽くなりました。
これからは、40歳も過ぎたので、年数回くらい定期的に来ようと思っています。
先生には悩みなどがありましたら、また相談の乗ってください。
今後ともよろしくお願いいたします。

<Nさんへ>
当院へのご投稿ありがとうございます。
3年ぶりのご来院でしたね。電話などではたまにお話しておりましたが、肩凝りは大夫凝っておりましたが、精神的な悩みからくるものだと思考します。骨盤のズレも今回1cm程度散見されましたので、BRM療法で改善しておきました。また、これからも一人で悩まず、家族は勿論のこと、家族内のことも含めて、先生で良ければいつでもお話しください。腰痛を含めた身体の諸々の筋肉の痛みは、ストレスが大いに関係しています。
よく、3人寄れば文殊の知恵と言います。とにかく、何でもお話の出来るお友達・友人を見つけることも必要なことです。これからも大いに甘えてください。先生のできる限りのことはしますからね‥。  院長
Mさん(30代 男性)
【来院したきっかけ】
以前から知人にお聞きしていましたが、ホームページを見て行ってみようと決断しました。
【症状】
腰痛というか背中の張り
【来院回数】
初回
【感想】
以前から知人から優しい先生で、痛みのある部分だけでなく、足の先から頭のてっぺんまで、見てくれる治療院だと聞いていましたので、本当かなと半信半疑で来院しました。先生から色々問診を受け、立ち仕事の話をしました。そして、治療に入りましたが、知人から言われていた通り、うつ伏せ、横向き、仰向けの順で、足から始まり頭まで治療していただきました。先生は面白い先生で、治療中先生が復習も兼ねてと痛みの箇所、筋肉など専門用語で教えていただきました。先生からは、忘れてもいいから自分の身体の一部だから、頭の片隅にでもおいて時々思い出してくださいと言われました。治療中は、なるほどと感心しながら治療を受けていました。
また、先生のすごいところは、腰痛周辺の張りをお話したのですが、肩関節の可動域不足、立ち仕事が主なため、胸腰筋膜の張り(背筋痛)、と筋肉の凝っている箇所をワンタッチで探り当てました。これには、びっくりしました。そして、40近くになるので年1回くらいの定期検診を勧められました。また、毎日運動ができないのであればと、2・3種類のストレッチを教えていたたぎました。先生から教えていただいたストレッチを励行しながら、これからも定期的にお邪魔してみようと思っております。先生、初回からこんなに懇切丁寧に見ていただきありがとうございました。

<Mさんへ>
早速の当院へのご投稿ありがとうございました。
治療中に私がお話したことをよくここまで記憶していたことに先ず敬意を表します。確かに最後の説明時にかなり質問をされていましたね。これまでのお客さまの中で一番興味があるなとは感じていました。
Mさんは、お仕事柄講師(指導者)的なお仕事のようですので、立っている時間が長く、内部での仕事につき、外での運動が少ないようです。これは、仕事上しかたないことですので、今回ご来院いただいた際もお話しましたが、職場での階段の上り下り、立位での腿挙げ、トイレ(小便)時の爪先立ち、パピーポジション(エビぞり)の励行を適宜行ってください。これだけでもかなりの運動になるはずです。そして、たまには外の空気を吸う時間を取ってください。また、年齢的に年1回くらいの健康診断をお勧めします。  院 長 
Nさん(70代 女性)
【来院したきっかけ】
知人の紹介
【症状】
腰痛・背筋痛・骨盤の歪み
【来院回数】
初回
【感想】
私は、体形がやせて猫背の状態です。仕事柄、昼食の時間を除き、ずっと立ちっ放しです。最近まで整形外科に通い、圧迫骨折と言われていました。胸から腰に掛けてコルセットをしておりましたが、ようやく外れたので、以前から知人に教えていただいていた本院を受診しました。先生は、一生懸命話を聞いてくれて、一生懸命治療してくれました。そして、先生から言われたことは、圧迫骨折は治っているとのこと、長時間同じ姿勢での仕事は検討すること、睡眠不足を改善すること、魚介類(特に小魚を中心に)を毎回の食事に1品必ず取り入れ、一日3食必ず食べることなどの指摘を受けました。治療している間は、魔法のように痛い部分を探り当てました。そして、次回来院時まで、ストレッチをしてくるよう指示されました。整形外科でやってくれないことを、先生は、丁寧に時間をかけて治療してくれました。1日経ちましたが本当に身体が楽になり、背筋が伸びたような気がしています。

<Nさんへ>
わざわざのご投稿ありがとうございました。
圧迫骨折が治ったばかりということもあり、恐る恐るという感じで一通り全身治療をしましたが、私の所見では、一番は、一週間に6日間、昼食以外に座る時間がないという、長時間同じ姿勢からくる筋肉の硬直が最大の原因と考えます。もちろん、加齢も考えられますが、筋肉はまだまだ元気です。ただ、共同生活ということもお聞きし、睡眠不足、運動不足、栄養不足という3大不足から起こりえると思われます。これからは、ご自分の余裕時間を見つけて、なるべく体を動かすことを考えてください。先ずは、腿挙げ、パピーポジション(エビぞり)を実施し、次回来院時に、状況を見て別のストレッチをお伝えしたいと思います。大夫寒くなって参りましたので、お身体に気を付けて生活してくださいね。  院 長
Mさん(30代 女性)
【来院したきっかけ】
主人の紹介
【症状】
肩凝り、左肩甲骨の違和感、だるさ
【来院回数】
初回
【感想】
肩凝りがひどく、そのためか左側の肩甲骨に違和感を感じます。数カ月前から何箇所かの接骨院、カイロプラクティックなどに言っていましたが、良くならず主人が最近来院し、先生の人柄、先生の技術、治療院の環境などを聞いておりましたので、子供二人を連れ主人の4人で来院しました。子供は主人が見てくれていたので、安心して治療を受けることができました。先ず先生との問診、身体のバランス等を見られ、いよいよ治療に入りました。主人から聞いていましたので、全身を治療するということは分かっていましたが、自分が想像する以上に、先生から筋肉を触られるたびに痛いところが数多くありました。
私の肩凝りは、軽度の猫背、肩関節の可動域の不足とのことで、肩凝りは来院する前の半分以下に減りました。先生からは、日頃の姿勢と、自分で鏡を見ての身体のチェックの励行、そして肩凝りとパピーポジションというストレッチの指導を受けました。これからも機会を見て、定期的にケアしようと思っていますので、先生今後ともよろしくお願いいたします。

<Mさんへ>
わざわざのご投稿ありがとうございました。
先ず、身体のだるさは季節の変わり目、生活上の疲れ、ストレスなどでも感じますし、脂質異常症、中性脂肪など内臓分泌からくる場合もありますので、年齢的に一度内科で採決を受けてみてください。何でもなければ一安心ですね。
治療に関しては、訴えはなかったのですが、梨状筋(お尻の外側)、胸腰筋膜(腰と背中の間)、に凝りが診られました。また、肩凝りは、肩甲骨のズレと軽度の猫背が原因と考えられます。肩甲骨と背骨の間の筋肉に凝りがありました。また、横向きでの肩関節の可動域不足も散見されました。
これからは、定期的なお身体のケアをお勧めします。  院 長
Sさん(60代 女性)
【来院したきっかけ】
治療院と町内
【症状】
ぎっくり腰、肩凝り、肩甲骨の違和感
【来院回数】
初回
【感想】
ぎっくり腰は、1週間ほど安静にしてば治るということは、色々なものを見聞きして知っていましたが、それに伴い肩凝りと肩甲骨の違和感もあり、同じ町内会でもあり、訪問してみることにしました。ぎっくり腰は、発症後すぐでしたので、先生に筋肉をほぐしていただき、直ぐに楽になりました。しかし、肩凝りは、軽い猫背からくるとのことで、それに伴って肩甲骨のズレも指摘されました。これにはびっくりです。最初は、問診から始まり、姿見を見ての身体のバランス調査があり、そして、治療に入りました。この治療院は、看板等により全身治療ということは分かっていましたので、1回の治療で身体の全ての力が抜けたように軽くなりました。さらには、先生から猫体操、パピーポジションというストレッチ、炊事洗濯以外の運動不足の解消などの指導を受けました。本当に時間をかけて懇切丁寧に教えていただきました。先生の人柄も良く、何でも話せる先生ですので、定期的に通院してみようと思っています。

<Sさんへ>
早々のご投稿ありがとうございました。
ぎっくり腰は、Sさんのおっしゃる通り、1週間も安静にしておけば治ると言われておりますが、現役の勤労者の方が1週間も安静にできる時間がないのが現状ではないでしょうか。それで、Sさんは発症後即来院していただきましたので、また、症状も軽かったので30分程度、筋と筋肉をほぐす程度でかなり改善できました。ただ、まだ完治しておりませんので、お教えしました猫体操とハピーポジションは励行してください。また、それ以上に気になったのが、軽い猫背からくる肩凝りと肩甲骨のズレです。Sさんは、体重の掛け方が左にかかりますので、その癖を治すことが最善です。肩甲骨と脊柱の間がコリコリ音がするのがそのためです。とにかく、パピーポジションを励行することにより、肩凝り、背筋痛、腰痛もだんだん改善すると思いますので、頑張ってみてください。  院  長

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP