腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|料金・施術の流れ

料金・施術の流れ|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

施術料金

当院は、お一人お一人のお客さまとじっくり対話をして、何が原因なのか、どこが悪いのか根本的な要因を考えます。腰の痛み、背中の痛み、首の痛み、肩の痛みなど同じ悩みでも、お客さまによって原因が違うことがほとんどです。お客さまの普段の生活から食生活まで、原因と思われるものを施術者(院長)が問題のある部位等を特定し、最良の施療方針をご提供することを基本としておりますので、基本的には完全予約制とさせて頂いております。
つきましては、ご希望の日時をお気軽にお電話や当サイトのメールフォームよりお申込みください。

また、当院へ直接来られないお客さまのために、出張施術も承りますのでご遠慮なくご利用ください。

なお、お車の運転をされない方、体調が優れない方などのために、送迎も承りますのでお気軽にお声掛けください。
(地域により交通費等の別途料金を頂戴する場合もありますので、予めご了承願います)


※当院からの耳寄りなお知らせ
【キャンペーン料金】
只今、当院ホームページをご覧になって、ご予約を頂いたお客さまは、初診料(1,000円)を免除させていただきます。

☆一般者のみ 
初回(初診料1,000円含む)
5,000円(税込み)

※1年以上来院していない場合も同様のお取り扱いといたします。
   2回目以降 4,000円(税込み)
☆学生 3,000円(税込み)
☆3回施術終了毎(一般者の方のみが対象となります) 500円割引券進呈
☆出張施術 上記料金+交通費等を頂戴いたします。

施術の流れ

ご予約

※ご予約をご希望される方は、下記のいずれかの方法でご連絡ください。

<お電話でのご予約>
受付担当スタッフが電話を取りますので、「予約をしたいのですが‥」とお話しください。
担当スタッフから、症状・予約希望日などをお伺いさせていただきます。

予約受付電話番号  090-6854-0516

<ホームページでのご予約>
受付担当スタッフが受信確認後、送信内容に基づいて返信いたしますので少しだけお待ちください。
なお、緊急の場合は、電話によりご連絡ください。

※ご予約を頂いた方は、お待たせせずに施療できますが、ご予約のない方でも、いつでもお電話ください。
 お客さまのご来院の状況により、その時点でご判断させていただきます。

来院・受付

【お知らせ】
ご来院時の服装についてのお願い!!

当院は、手を添えるだけで骨の歪みが改善する「BRM療法」という手法で施療いたしております。
そのため、施療の際は、ジーパン・ジャンパー・セーターなど生地の厚い服装は、極力ご遠慮願いたいと存じます。
なお、当院はお着替えする場所もありますので、ご来店してからのお着替えは十分可能です。

また、当院は総合施療(全身施療)を基本としておりますので、どのような症状のお客さまでも、施療時間は最低60分以上かかります。
(施術に約60分、当日のお客さまのお身体の状態でのお話、施療後帰宅後のストレッチの指導などに30分程度)


医療面接(問診)・ カウンセリング

初めに、簡単なカウンセリングシートに、現在の痛い箇所、その痛くなった原因などをご記入していただきますので、ご予約時間の10分くらい前までにご来院ください。
そして、カウンセリングシートを元に、対面形式により、お客さまの抱えている問題・お悩み・自覚症状・その他お身体に関することを、直接お伺いさせていただきます。
また、そのお話しの間、お客さまのクセ等もチェックさせていただきます。
当院は、できるだけお話ししやすい環境を作ることを心掛けておりますので、リラックスして何なりと気軽に素直にお話ししてください。

そのカウンセリングシート並びにお話の内容から、お悩みの症状の根本原因等を探っていきます。

お客さまから直接生の声を聞くことにより、施術者(院長)とお客さまとの心と心が触れ合い、根本原因の探索がスムーズになります。

当院では、このカウンセリングが、一番重要と考えております。

また、初回時には、お客さまの利き目・利き手・利き腕の点検も実施させていただきます。

検査・施術前のバランスチェック

カウンセリングでお伺いした内容を下に、立ったままで姿勢のバランス、肩・肩甲骨・骨盤の高さ、首・肩の可動域チェックと痛みなどの部位の触診検査を行います。さらに骨盤の歪み・ズレ等具体的にお身体の根本原因を探してまいります。

施術法ご説明

お客さまの来店時のお身体の状態、症状の根本原因、施術方針などを詳しく丁寧に分りやすくご説明します。
同時に、伏臥位(うつ伏せ)状態で、両足先の長さの差異、角度の写真を撮らさせていただきます。
そして、施療後に再度写真を撮り、施療前と施療後の比較を説明させていただきます。(後記再説明いたします)

施術実施

お客さまお一人お一人のお身体の状態に合わせた施術を行います。
(足→腰→背中→肩→首→頭の順に、伏臥位(うつ伏せ)、仰臥位(仰向け)の体勢で全身施療をしてまいります)

施療中に、痛みのある部位を特定し、その都度、骨・筋肉の名称と痛みが起こる要因等を説明いたします。

この時点では、お客さまは参考の話としてお聞きいただき、覚えるまでの必要はありませんが、施術者が確認をするための話しになります。

検査・施術後のバランスチェック

施療前と施療後の姿勢の違い・痛みの度合いなど、お客さまと一緒に確認いたします。

「施術法の説明」でも述べましたが、施療前と施療後の写真を見比べて、お客さまに直接確認をしていただきます。

そして、施術者(院長)がお客さまのクセ、職業上長時間にわたる筋肉等への負担等、痛みの原因となりうる説明をいたします。

施術後の日常生活上のアドバイス

当日の施療の状況を鑑み、お客さまお一人お一人の状態・症状に応じて、症状改善を第一に、ストレッチ等のエクササイズ指導や普段のクセ(足を組む・横座り・アヒル座り等)など、日常生活で気をつけるポイントなどを分りやすくご説明いたします。
同時に、今後の施療方針・施療期間・施療回数等をお伝えいたします。

会計受付

長い一日の施療お疲れ様でした。
お帰りになってから、アドバイスされたことの励行をお願いいたします。
それでは お大事に!
お気を付けてお帰りください!!

回復への道のり(痛みと通院頻度の目安)

当院のお客さまの通院頻度は、『月に1回』定期メンテナンスに来院されるお客さまが多数です。
来院の趣旨は、人間の健康はお金では買えませんし、ご自分のお身体を維持したいとお考えのお客さまがお越しになられます。

【施術回数・頻度・予約について】

〇お客さまの個人差、痛みの部位の程度等にもよりますが、初めてのお客さまは、初回から3回目ぐらいは間隔を詰めて来院されることをお勧めいたします。
 初回施療(施術)はとても大事になります。例えて言いますと、飛行機が飛び立つ時に、一番エネルギが必要なように、人間の身体も、今までの悪い体調から良い体調へ上昇させるのにも、かなりエネルギーが必要なのです。
 それに、お客さまの体質、性格、仕事の状況、クセ、筋肉の張り、骨格の歪みなどを聞き取り、視診、触診等で見分ける期間が必要になるからです。

〇個人差はありますが、お客さまの仕事柄、足を組むなどの悪いクセ等により、最初は悪い時の状態に戻りやすいので、あまり施療の期間を開けない方が賢明です。その後は、少しずつ間隔を開けて参ります。

〇お願いとしては、我慢をして調子が悪くなってから訪問するよりも、ちょっと違和感があった時、普段と違う症状があった時等、早めに施術を受けることにより、長期通院とはならず短期間で回復できます。
 また、違和感・痛み等がなくとも月に1回程度、ご自分のお身体のバランスを整えることも、健康増進・維持・管理に非常に役立ちます。

施療(施術)後の好転反応について

施療(施術)を受けた後、身体がだるくなったり、痛みが出る場合があります。これは「好転反応」と言って、身体が治る過程で出る反応ですので心配はいりません。半日から1日で楽になってきます。
身体がだるくなると言いますのは、筋肉内に疲労物質である「乳酸」であるとか、痛みを感じる物質である「ブロスタグランディン」や「ブラジキニン」という物質があります。
それを施療(施術)で直接筋肉から取り出すことはできませんので、血管の中に流しています。そうしますと、乳酸、ブロスタグランディン、ブラジキニンは、身体中巡り巡って肝臓に達します。そして肝臓がそれらの悪い物質を分解して『あ~気持ちいい、あ~すっきりした』となるのですが、今まで溜っていた体内の疲労物質や痛みの物質が、肝臓に一辺に来てしまい肝臓が疲れてしまいます。肝臓が疲れますと、人間は疲労感を感じますので、それでだるくなったりするわけです。
また、痛みが出る場合は、原因が他に残っている場合や、関節周囲を取り巻くコラーゲン組織が柔軟さを取り戻すため、軟らかくなろうとして修復作用が起きている場合に痛みが出ることがあります。また、身体全体のバランスを修復しようとして、昔の古傷が痛み出す場合があります。その時はゆっくり休んでください。古傷の痛みは、今の辛い症状を引き起こす原因であることが考えられますが、施療(施術)を繰り返すことで解消していきます。

<施療(施術)後の注意点>
1.押さない・揉まない・叩かない
 その代わりに、痛い所に手を添えます(10秒くらい)、痛い所を軽くさすります(20~30回くらい)。
2.睡眠をしっかり取る
 その日は、7~8時間くらい寝るようにしましょう。無理なら合計で7~8時間横になってください(特に腰痛の方)。腰の辛い時は無理をせず、横になって休みましょう。
3.動き過ぎに十分注意する
 調子が良いからと動き過ぎず運動も避け、痛い時と同じような動作をするように心掛けてください。
4.痛みを探さない
 『こうすると痛い』『ここまで曲げると痛い』というように、つい痛くないかを確認してしまいます。この行為はしないようにしましょう。見つけた痛みは、記憶としてそのまま残ってしまいます。
5.温めのお風呂にゆっくりつかる
 その日は、食事後30分~1時間以上開けてください。そして38~40度くらいの温度で20分くらい、半身浴がお勧めです。初めの5分くらいは肩まで(全身浴)、その後は正座をするなどして心臓から上が水面から出るくらいの半身浴(冷えないように上半身は拭きます)。ただし、足がしびれてきたら全身浴に、その後また半身浴に。よく温まって汗が出てきます。
6.その日は、アルコールの過剰飲酒は控えましょう

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

陸前落合駅×カイロプラクティック部門
2015年07月時点

PAGE TOP