腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|施術案内

施術案内|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

目次

セルフチェックシート

同じ姿勢を続けて仕事をすることが多い
仕事等で、立ちっ放しのことが多い
パソコン等をしていて、座りっぱなしのことが多い
膝の痛みがある
ストレスを感じやすい
極度の緊張が続くことが多い
寒いところに長時間いることがある
お腹を突き出す姿勢をしている
猫背のほうだ

あなたのセルフチェックはいかがでしたか?
『はい』の数が3つ以上あった方は、腰痛、ひざ痛、首痛など今は感じていなくても、だんだんと違和感や、痛みを感じるようになるかも知れませんので、お気を付けください。
当真心堂療術院では、丁寧にカウンセリングし、お客さまに現状とメンテナンスについて、丁寧にお話いたします。
少しでも気になる箇所がある方は、どうぞお気軽にご相談ください。

⇧ 目次へ戻る

療術とは

あなたは療術という言葉をご存じですか?

療術とは
療術とは、人体の持つ自然治癒力(自分で回復する力)を活性化することで、健康を取り戻すことを基本とした施術です。
現代医学が様々な点で人類の健康福祉に貢献していることは言うまでもありません。
近年、診断学は長足の進歩を遂げ、化学療法、物理療法の進歩は目を見張るものがあります。
しかしながら、巷には「一億総半健康時代」なる言葉が市民権を得て徘徊しています。
その理由は、疾病の変遷を抜きに考えることはできません。
即ち、現代医学は、感染症を始め外因による疾病を克服してきました。

その反面、アレルギー性疾患、生活習慣病、悪性新生物(がん)など内因が関与する疾病の増加に対し、適切に対応する手段に乏しいのです。
そのため、慢性の経過をたどる病人(宿主)が増えました。
その一因としては、現代医学が病気そのものを中心に発達したために、病人を全体として捉えないためであろうと考えられます。
一方、療術は、病人を含めて生体を一つの有機体として捉え、生体のバランスを調整して、自然治癒力や抵抗力を高めようとする治療方法なのです。
このことから、療術に熱い期待が注がれ、脚光を浴びるようになったのです。

1.健康回復
身代的、メンタル的症状改善のお手伝い
2.健康維持
症状が再発しないように予防のお手伝い
3.健康向上
スポーツ、ビジネス、人間関係、ダイエット、美容などの向上のお手伝い
施術法
お客さまが訴える自覚症状を、療術師が医療面接(カウンセリング)・視診・触診等により判明した箇所を、問題のある異常部位と特定し、全身的な状態を能動的に診断して施術します。

当院では、主に【BRM療法】【カイロプラクティック】を駆使し、お客さまの痛みにアプローチします。お客さまの症状の程度に合わせて、最適な施術をおこないます。

⇧ 目次へ戻る

主な症状

肩凝り、四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)
ぎっくり腰(急性腰痛症・椎間捻挫含む)、腰痛は必須治療です。

その他の症状
頭痛、顎関節痛、寝違え、首の痛み、ストレートネック、むち打ち、めまい、眼精疲労、 肩の痛み、肩甲骨の痛み・しび れ、背中の凝り・痛み、背骨(脊柱)の歪み、猫背、 肘痛、バネ指(弾発指)、お尻の痛み、坐骨神経痛、股関節痛、生理痛・生理不順、 手足のしびれ、膝痛、捻挫(腓骨矯正)、自律神経系の悩み、交通事故後のケア、 精力減退、内臓の機能低下、冷え症、姿勢改善、不眠、ストレスに対する抵抗力アップ、 リラクゼーション効果 など
⇧ 目次へ戻る

施術内容

主な症状別解説

【肩凝り】治療法(頸椎矯正・僧帽筋等のほぐし・ストレッチ指導)
腕を大きく動かす時には、肩甲骨が連動して動きますから、肩甲骨の動きが損なわれたまま腕を動かしますと、肩に痛みが起こります。肩凝りの原因は色々あります。長時間座ったまま仕事をしたり、1日中スマートホンやパソコンのキーを叩いたり、姿勢が悪かったり、運動不足だったりしても肩が凝ります。また、眼科や耳鼻科、内科系の病気の1症状として肩凝りが起こることがあります。自律神経失調症(不定愁訴とも呼びます)、精神的ストレスが原因となることもあります。我々治療家が施術の対象となるのは、病気によって起こる肩凝りを除いたものです。四十肩・五十肩などの肩痛の原因は、肩甲骨を動かす多くの関節の変位にあります。
<肩凝りの原因となる病気>貧血、低血圧、高血圧、自律神経の不安定な人、眼鏡が合わない人、歯のかみ合わせが悪い人など

【四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)】治療法(頸椎矯正・肩関節の矯正・ストレッチ指導)
四十肩・五十肩は、肩の運動に関した腱に老化現象が現れ、ちょっとしたストレスが元で、腱とその周りにある組織に炎症が起き、関節部が癒着して肩の動きが取れなくなったものです。痛みのために肩を使わないようにしていますと、ますます肩の関節が固まって動きが取れなくなってしまいます。急性症状の強い時期には、安静と保湿が大切で、CТ・MRIなど撮影のため整形外科での治療が中心になりますが、我々の治療対象となりますのは、回復期に入ったころの四十肩・五十肩になります。四十肩・五十肩などの肩痛の原因は、肩甲骨を動かす多くの関節の変位にあります。

【猫背】治療法(脊椎矯正・骨盤矯正・ストレッチ指導)
現代は、生活の豊かさから一昔より体格が良くなりました。しかし、その反面姿勢が悪くなり、一般に背の高い人ほど猫背が目立ちます。また、加齢に伴い腹筋が弱くなり、運動不足も重なって、身体も自然に前傾姿勢になります。そのため、歩行時に首と頭を前に出し、背中を丸めて歩行バランスを取るためと思われます。人間の立ち姿勢を保つには、腹筋と背筋のバランスが不可欠で、筋力の弱い側に身体は曲がります。猫背の姿勢を治すには、弱った筋力を強化し、背筋とのバランスを調整することが大切です。

【ぎっくり腰】治療法(骨盤矯正・腰筋のほぐし・ストレッチ指導)
ぎっくり腰の最大の原因は股関節にあります。左右の股関節の軸が変位しますと、骨盤を回転させる筋肉に過剰な負荷がかかり、伸びる筋肉と緩む筋肉の連動が損なわれ、腰を痛めやすくなります。左右の股関節を結ぶ線は車軸と同じで、この軸が傾きますと骨盤の潤滑な回転が妨げられます。歩く、走る、座るなどの全ての動作は、股関節を回転軸として骨盤が前後に動いています。ぎっくり腰は、股関節軸の歪みが原因なのです。膝を伸ばしたまま前屈みになって物を持ち上げたり、物を持って腰を捻ったりした時、急に腰が痛くなり動けなることがあります。この状態を一般には、「ぎっくり腰」と呼んでいます。簡単に言いますと、腰椎関節の捻挫と考えても良いでしょう。この関節に滑膜が挟まりますと、腰痛が酷くて全く動くことができなくなることがあります。膝を曲げてエビのような格好で寝ているだけで良くなることが多いものです。ただし、繰り返し起こることがありますので、我々のような専門知識を持った治療家の診断を仰ぐことをお勧めします。

【腰痛】治療法(骨盤矯正・腰筋のほぐし・ストレッチ指導)
ぎっくり腰は急性ですが、いつからかはっきりしませんが腰が重くて動かすと痛いが、日常生活にはそれほど支障がない場合と、急性のものでも3ヵ月以上過ぎたものは、慢性のものと考えられます。腰椎や腰部の筋肉・靭帯からくる腰の痛みは、安静にしている時、飲食・飲酒によって痛みが増す場合があります。この場合は、腎臓炎、腎結石、尿管結石、胃潰瘍、膵炎、胆石症、胆嚢炎などの内臓の病気が考えられます。また、女性の場合、生理によって腰痛が増す場合などは子宮筋腫、子宮内膜症などの婦人科の病気が考えられます。腰の中央にある腰椎が痛く、体重が減ったような時は、骨の病気や骨髄腫などの血液の病気が考えられます。さらに下肢(特に足の指)にしびれがあり、力が入らず靴やスリッパが脱げる、足の親指・小指側や足底のしびれ、触った感じが違うなどの症状は神経障害の目安となります。腰椎椎間板ヘルニア、腰椎脊柱管狭窄症などの病気が考えられます。CТ・MRIなど撮影を要することがありますので、整形外科を受診する方が多く、手術を伴うことが多いようですが、我々のような専門的知識を持った治療家の診断を仰ぐことも必要不可欠です。脊柱・骨盤の歪みなどを矯正することにより改善する場合も多いのです。
<腰痛の原因となる主な病気>骨盤の歪み、ぎっくり腰、脊柱側弯、腰痛症、椎間板症、腰椎分離症、腰椎辷り症、腰椎後弯、直線状脊柱、腰椎前弯過多、腰部変形性脊椎症(変形性腰椎症)、骨粗鬆症、心因性腰痛、内臓疾患による腰痛、腫瘍など

【骨盤の歪み】治療法(骨盤矯正・癖の指導)
骨格のバランスの崩れは、骨盤の歪みから始まります。骨盤の歪みを起こす原因で最も多いのは、座り方の癖です。重いものを持ったり、激しい運動をしたりするくらいでは、骨格バランスは崩れません。バランスの崩れは、継続的な静止姿勢で起こります。『長時間足を組む』『あぐらをかく』『女の子座り』「横座り』など、骨盤が傾く座り方では、片側だけに重心がかかり、骨盤が捻じれます。また、車の運転姿勢も歪みを起こします。運転時の姿勢は、AT車の場合、右足を伸ばし、左足を曲げています。そのため、左右の骨盤が相互に捻られることになります。またシートの形から、腰椎が丸まった状態で運転することになりますので、腰への負担が大きく、歪みの原因にもなります。さらに特に女性の出産は、いきみなどによりかなり重労働になりますので、出産前と出産後(約1か月後)に骨盤矯正することをお勧めします。

【変形性股関節症】治療法(骨盤矯正・鼠径靭帯腱の張りの矯正・ストレッチ指導)
我が国では、先天性股関節脱臼、亜脱臼の治療後に骨頭が変形したり、臼蓋形成不全を治療しないで放置されたために、のちに股関節の軟骨や骨に変化を起こすことが多いのです。症状は、軽い股関節痛を訴えますが、自然に治ることが多いため、患者さん自身もあまり気にしないようです。しかし、数年から十数年このような状態が続き、やがて歩行痛が強くなります。痛みは股関節だけでなく、大腿の前面や内側に沿って膝への放散痛があります。安静にしても痛みは和らかず、左右の足の長さの違いがはっきりし、長時間の歩行が困難になります。この時期には骨の変化はかなり進んでいるものです。

【バネ指(弾発指)】治療法(痛みのある指の矯正・ストレッチ指導)
手の指を動かす腱は、長く手首の手前から指先まで15~20cmもあります。同じ動作を繰り返すタイピスト、理美容師、植木職人などが腱鞘炎を起こします。指を曲げる腱に起こると、指の曲げ伸ばしが痛く、動きにくくなり、力を入れてやっとポキンと動く現象(バネ指)が起きることがあります。しばらくの間、手指をなるべく使わず、安静にすることです。また、バネ指になりますと、なかなか治りにくくなり、手術ということにもなりますので、お気を付けください。当院での症例をあげますと、某整形外科で手術をしなければ治らないというお客さまで、手術をするのが嫌で5年くらい前に当院を受診しました。当院では、当該親指の矯正と入浴時にグーパーストレッチを継続したところ、月1回ご来院し6回で手術に至らず完解しました。現在も毎月定期的にケアのため来院しますが、全く正常の指になっています。

【膝関節疾患】治療法(膝蓋骨の矯正・内果、外果の矯正・ストレッチ指導)
昔から日本人にはО脚が多いうえ、正座をするため無理な力が入り、膝関節に変化を起こしやすいのです。変性は特に内側に強く生じます。軟骨面が擦り切れて円滑な運動ができなくなり、膝を支えている大腿の筋肉も弱くなっているので、歩き始めは痛みを感じます。片足で立ちますと内側にかかる力が大きいため、そこの痛みが特に強くなります。また、正座も困難になります。



主な改善部位の症例

当院の改善箇所の一部症例を記載しますので、参考にしてください。

第1症例
ストレートネック
(40代 女性)
毎日内職により携帯ストラップを神社に納める仕事をしている方で、1日長時間正座の姿勢で仕事をしているそうです。首凝りと肩凝りを訴え来院しました。当初来院時は、首の後屈ができませんでしたが、来院回数が増えるにつれて、正常になりました。施術は、頭蓋矯正による後頭窩拳上(手の中指を後頭窩に添え拳上します)、肩甲骨の可動域の矯正、肩関節の可動域矯正を行い、数回の施術により完解しました。併せて、時間を決めて作業することと、肩と首周りのストレッチの指導をしました。現在は、継続して作業を行っており、3ヵ月に1回のペースでケアのため来院しております。
第2症例
バネ指(弾発指)
(60代 女性)
バネ指のため整形外科に通院していた方で、医師より手術を強要されていました。しかし、手術を拒んでの来院となりました。施術は、肘(橈尺関節)矯正のため橈骨変位を改善し、手根の変位骨を矯正しました。そして、自宅では湯舟でのグーパーストレッチを指導しました。結果としては、数回の施術により症状が改善することができました。現在もこの方は、毎月定期的にケアのため来院しますが、全く普通の状態に戻りました。当院としても、非常に勉強になった症例です。
第3症例
異常な骨盤の歪み
(70代 女性)
上前腸骨棘の歪みは、普通は1㎝程度ですが、この方はカニ歩き状態で来院しました。カウンセリング時、自転車で転んだと話されておりましたが、左右4cmくらいの歪みがあり、当院としても啞然という状況でした。施術は、通常の骨盤矯正により、2分で正常に戻りました。ご本人も「風景が変わった」と言って非常に感謝して帰院しました。その後は、初回来院前は自転車に乗れないとのことでしたが、現在はスムーズに自転車に乗っているとのことです。当院としても、自信になった症例です。
第4症例
ぎっくり腰 
(20代 女性)
夜7時過ぎに母親から娘さんのぎっくり腰の状況の説明と緊急施術の依頼があり来院しました。院長と母親とで治療用ベッドまで運び、症状を本人より聴き取りしました。かなり痛がりましたので、横向き状態で骨盤矯正を行いました。そして、仰臥位になることができましたので、さらに正規の骨盤矯正をしてたところ、痛みが少し改善したとのことで、一人で立つことができ、歩いて帰りました。翌日も来院していただき、大夫痛みが引いたとのことで、通常の施術を行ったところ、完解し感謝されました。痛みが出た場合、パピーポジション(エビ反状態)というストレッチを指導しました。カウンセリングにより、パチンコ店勤務で、ハイヒールを履いてマネキンみたいに立っている仕事とのことで、ハイヒールは止めるよう指示をしました。母親の話しでは、その後、ストレッチを継続しているとのことで、痛みがでなくなったとのことです。
第5症例
骨盤の歪みと股関節症
(30代 女性)
この方は子供が二人いますが、一人目の出産時難産で、あと5分で出産できない時帝王切開と言われ、かろうじて自然分娩で出産できました。その後あぐらがかけないということで来院されました。触診したところ、骨盤の歪みがあり、鼠径靭帯にかなり張りが見られ、股関節が内側に閉じた状態でした。二人目の出産に向け2カ月に1回のペースで施術したところ、鼠径靭帯の張りもかなり改善し、あぐらもスムーズにかけるようになり、そのため股関節も開いた状態になりました。また骨盤の歪みは、1回の施術で改善しました。その後二人目のお子さんを出産することになり、一人目より200g多い赤ちゃんにも拘らず、分娩室に入って9分でスムーズに出産したとのことで、御礼の電話を頂きました。本ケースは、やはり出産前と出産後に骨盤矯正をやるべきだと思い知らされた症例でした。因みに、現在は股関節のストレッチをしており、完全にあぐらを正常にかいているとのことです。

当院から専門医への主な紹介症例

症例1

大腸ポリープ(40代 女性)
この方は、呉服販売の会社に勤務し、毎東北6県を担当しているため、毎日300kmを走行しており、腰痛のため来院しました。腰痛は胸腰筋膜の張りをほぐし、骨盤矯正行い、1時間ごとに休憩をとるよう指導し、完治しました。来院の際、医療面接(問診)時、便秘の話があり、施術中足裏の経穴(ツボ)に痛みがあり、低周波治療機器にて検診の結果、異常な数値を出現しましたので、専門病院を紹介しました。その結果、5個のポリープが見つかり内視鏡により即切除し、全て良性であったものの、そのうちの1個が大きさと色が変色していたとのことで、もう少し遅ければ手術だったと医師から教えられたとのことでした。先生にアドバイスを受けなかったらと思うとぞっとしますと非常に感謝されました。ケースバイケースにより、対処しようと判断した症例です。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP