腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|施術案内

施術案内|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

目次

セルフチェックシート

同じ姿勢を続けて仕事をすることが多い
仕事等で、立ちっ放しのことが多い
パソコン等をしていて、座りっぱなしのことが多い
膝の痛みがある
ストレスを感じやすい
極度の緊張が続くことが多い
寒いところに長時間いることがある
お腹を突き出す姿勢をしている
猫背のほうだ

あなたのセルフチェックはいかがでしたか?
『はい』の数が3つ以上あった方は、腰痛、ひざ痛、首痛など今は感じていなくても、だんだんと違和感や、痛みを感じるようになるかも知れませんので、お気を付けください。
当真心堂療術院では、丁寧にカウンセリングし、お客さまに現状とメンテナンスについて、丁寧にお話いたします。
少しでも気になる箇所がある方は、どうぞお気軽にご相談ください。

⇧ 目次へ戻る

療術とは

あなたは療術という言葉をご存じですか?

療術とは
療術とは、人体の持つ自然治癒力(自分で回復する力)を活性化することで、健康を取り戻すことを基本とした施術です。
現代医学が様々な点で人類の健康福祉に貢献していることは言うまでもありません。
近年、診断学は長足の進歩を遂げ、化学療法、物理療法の進歩は目を見張るものがあります。
しかしながら、巷には「一億総半健康時代」なる言葉が市民権を得て徘徊しています。
その理由は、疾病の変遷を抜きに考えることはできません。
即ち、現代医学は、感染症を始め外因による疾病を克服してきました。

その反面、アレルギー性疾患、生活習慣病、悪性新生物(がん)など内因が関与する疾病の増加に対し、適切に対応する手段に乏しいのです。
そのため、慢性の経過をたどる病人(宿主)が増えました。
その一因としては、現代医学が病気そのものを中心に発達したために、病人を全体として捉えないためであろうと考えられます。
一方、療術は、病人を含めて生体を一つの有機体として捉え、生体のバランスを調整して、自然治癒力や抵抗力を高めようとする治療方法なのです。
このことから、療術に熱い期待が注がれ、脚光を浴びるようになったのです。

1.健康回復
身代的、メンタル的症状改善のお手伝い
2.健康維持
症状が再発しないように予防のお手伝い
3.健康向上
スポーツ、ビジネス、人間関係、ダイエット、美容などの向上のお手伝い
施術法
お客さまが訴える自覚症状を、療術師が医療面接(カウンセリング)・視診・触診等により判明した箇所を、問題のある異常部位と特定し、全身的な状態を能動的に診断して施術します。

当院では、主に【BRM療法】【カイロプラクティック】を駆使し、お客さまの痛みにアプローチします。お客さまの症状の程度に合わせて、最適な施術をおこないます。

⇧ 目次へ戻る

主な症状

肩凝り、四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)
ぎっくり腰(急性腰痛症・椎間捻挫含む)、腰痛は必須治療です。

その他の症状
頭痛、顎関節痛、寝違え、首の痛み、ストレートネック、むち打ち、めまい、眼精疲労、 肩の痛み、肩甲骨の痛み・しび れ、背中の凝り・痛み、背骨(脊柱)の歪み、猫背、 肘痛、バネ指(弾発指)、お尻の痛み、坐骨神経痛、股関節痛、生理痛・生理不順、 手足のしびれ、膝痛、捻挫(腓骨矯正)、自律神経系の悩み、交通事故後のケア、 精力減退、内臓の機能低下、冷え症、姿勢改善、不眠、ストレスに対する抵抗力アップ、 リラクゼーション効果 など
⇧ 目次へ戻る

施術内容

「快眠・快食・快便」で本物の健康体を!

当院のモットーでもある、健康のバロメーター「快眠・快食・快便」を念頭に、健康を取り戻しましょう。
風邪もひかず、身体に痛みもない、まさに健康生活は幸せの極致とも言えます。
施術で身体を整えることで、ご自分の持つ自然治癒力の働きを向上させることこそが、真の健康体を獲得する大切なポイントになってきます。

「快眠編」早起きは三文の徳 古来より早起きは健康法の一つとして謳われています。早寝早起きが健康につながることは誰も否定できないでしょう。そこで早起きのコツをひも解きますと、それは「快眠」にあります。仮に短い睡眠でも、熟睡できれば健康を維持することができます。睡眠時間は、6~8時間は取るようにしましょう。
「快食編」飽食時代の健康とは 私達の身体は、食べ物に大きく左右されますから、、健康のためには、良質な食べ物を適切な時に、適量食べるということが理に適っています。しかしながら、当然「快便」とは程遠い生活をしている方が圧倒的に多いのです。特に、女性の「慢性便秘」に関しましては、様々な病気の温床となっています。さらに、胃腸の働きを高めるためには、食物繊維(水溶性)を豊富に含む食事を心掛けて摂ることをお勧めします。
「快便編」①快便のコツは快食にあり 最初に、「快便」のカギを握っているいるのは「快食」だということです。「快便」というご褒美がある上に、健康を得ることができると分かれば、食生活の見直しに真剣に取り組めると思います。ポイントは2つ「量と時」です。
「量」につきましては、日本には「腹八分目」という素晴らしい言葉があります。この習慣の獲得なしに「快食」はなく、当然「快便」もありません。
次に、「時」ですが、食のスタイルはそれぞれの家庭や個人の趣向がありますから、これが絶対とは言えません。朝食は、一日の活動を開始するためのエネルギー補給ですから、ご自分のスタイルに合わせればよいでしょう。昼食は、肉でも魚でも好きな食べ物を食べていただいてよいと思います。ただし、野菜も一緒に摂ってください。夜の食事は、唯一の家族との団らんという家庭も多いでしょうから、楽しい夕食にしてください。
出来れば、夜9時以降には食べないようにした方が健康には良いのです。
②快便の秘訣は早起きを!
「快便」は排便の時間を習慣付けることがことが大事です。排便は、朝食の前後にするように習慣付けましょう。朝の時間に余裕がないと、便意がありながら学校や職場に向かうということが癖になってしまいます。朝は目覚めたら便意を促進するように、お腹周りの運動やお腹をゆっくりさするなどをします。

腰椎椎間板ヘルニアについて

腰椎椎間板ヘルニアは、その名の通り椎間板が突出あるいは脱出し、主に坐骨神経の始発駅部分であります腰の神経(主に神経根)が刺激されることによって症状が生じる疾患です。
病院では医師、治療院では施術師が、仰向けに寝た状態で症状がある方の足を、膝の裏を伸ばしたまま少しずつ挙げて行った時、坐骨神経痛が強まり途中で挙げられなくなり診断はほぼ確定します(専門的には下肢伸展拳上テスト陽性といいます)。
椎間板ヘルニアも必ずと言っていいほど、骨盤に歪みがあります。

<症状>
①足を伸ばすと痛みが増します。
腰が痛い方の足を挙げた時、痛みや痺れが強まって、足が挙げられなくなります(約60度)。そして、坐骨神経痛による痛みのため身体が片側に傾くこともあります。
②尿が出ない、出づらい。
腰痛には排尿や排便をコントロールする馬尾神経も通っていますので、稀ではありますが馬尾神経が強く障害されますと、排尿が困難になる場合があります。
③筋力が著しく低下します。
神経が強く障害されますと、足の筋力が低下して足首が動かしづらくなることもあります。

腰部脊柱管狭窄症について

主に腰椎の加齢変化(変性腰椎症、腰椎変性すべり症、腰椎変性側弯症、椎間板変性など)に伴い、腰の神経(馬尾及び神経根)の通り道(脊柱管及び椎間孔部)が狭くなって神経が絞扼を受けたことに起因する症候群です。
また、腰の症状の場合は、必ずと言っていいほど骨盤の歪みがあります。
歩行中に症状が悪化し、一時的に歩けなくなり、前屈み姿勢で少し休みますと、再び歩きだせることを間欠跛行と呼び、脊柱管狭窄症の特徴とされています。

<症状>
①背筋を伸ばした時に痛みます。
背筋を伸ばして歩いている時、電車の中や家事などで立ち続けている時などに痛みや痺れが現れやすいです。重症化しますと仰向けに寝ていても症状が現れます。
②間欠跛行状態になります。
しばらく歩きますと、お尻や太腿、ふくらはぎに痛みや痺れが起こって歩けなくなりますが、前かがみの姿勢で少し休みますと、再び歩けるようになります。
③会陰部の熱い感じや痺れの症状
・歩行時の尿漏れ感 ・筋力の低下(脱力) ・足の裏の痺れ(足底の痺れは、手術をしても治りにくい症状です)

因みに、当院のお客さまの中にも、脊柱管狭窄症の手術をして、ご来院されているお客さまが数名いらっしゃいますが、担当医師からもうこれ以上はよくならないと伝えられていることをお聞きします。
そのため足の痺れや痛みがあるため、杖を突いたり、補助車を押してご来院される方もいらっしゃいます。

ロコモティブシンドロームをご存ですか?

【ロコモティブシンドロームとは】
ロコモティブシンドロームとは、「運動器の障害のために移動機能の低下を来した状態」のことを表し、略称は「ロコモ」、和名は「運動器症候群」と言われます。
運動器とは、身体を動かすために関わる組織や器官のことで、骨・筋肉・関節・靭帯・腱・神経などから構成されています。

【要介護の原因となるロコモティブシンドローム】
高齢化社会を迎えている日本では、平均寿命は80歳以上に達し、運動器の障害によって、日常生活に支援や介護が必要となる方が増加しています。
介護が必要となった主な原因の「高齢による衰弱」、「骨折・転倒」、「関節疾患」を運動器の障害としてまとめますと、全体の36%で一番多い原因となります。
平均寿命が延びている分だけ、運動器の健康を長く保ち続ける必要があり、国民一人一人が運動器の健康維持に対して関心を持ち、ロコモティブシンドロームを予防するための運動習慣が推奨されています。

【ロコモティブシンドロームのチェック】
片足立ちで靴下がはけない、家の中でつまずいたり滑ったりする、階段を上るのに手すりが必要である、家のやや重い仕事が困難である、2㎏程度の買い物をして持ち帰るのが困難である、15分くらい続けて歩くことができない、横断歩道を青信号で渡り切れないなどの動作です。

その予防策としましては、「毎日の運動習慣」と「バランスの良い食生活」が必要不可欠なのです。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP