腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|体の不調の大敵とは

体の不調の大敵とは|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

目次

体の不調とバランスについて

歪みの治し方(骨の歪みは気付かないうちに進行する)

【原因となる骨の歪みは1mm程度】
 
急な痛みで初めて来院された方の中には、『昨日まで何でもなかったのに急に痛くなった』と言われる方が多くいらっしゃいますが、しかしそうではありません。

歪みが進行して限界点に達し、今まで普通にできていた動作が引き金になっただけなのです。

骨格は、大きく動く運動系の関節とわずかしか動かない縫合など、360個以上もの関節で構成されています。

すべての骨は腱、靭帯、筋肉といった結合線維で保持されています。

固定されている関節は一つもありません。

これらの関節の円滑な連絡により、スムーズな身体の動きができるのです。

近年は頭痛、肩凝り、うつなどを持つ小学生が増えています。

お母さんが『うちの子は姿勢が悪くて!』と訴えます。

子供の姿勢を治す最も効果的な対策は、普段から親が良い姿勢をすることです。

成長期の骨の歪みは、子供の将来に大きな影響を及ぼします。

特に女の子にとって、骨格バランスは大変重要です。

骨格の歪みは気が付かないうちに進行しますが、若いうちは強力な筋力でカバーします。

しかし、歪みが限界に達したときや、筋力低下年齢に達したとき、機能障害を起こします。

背骨は24個の椎骨が重なって形成されていますので、上下間の1㎜程度の歪みが全体では大きな側彎となっています。

わずかな骨の歪みの90%以上は、セルフケアで十分に矯正できます。

では、どうやって矯正するのか?

その答えが当院の基本施療でもある「BRМ療法」なのです。

身体の歪みと自律神経(身体の歪みが自律神経に与える影響)

自律神経と骨盤の歪みを一言では言い表せません。

しかし、骨盤が歪んでいますと筋肉に緊張が起き、それがストレスとなって自律神経に影響が出ることも事実です。

骨盤の歪みは、血流などの身体の中の流れを悪くしてしまいます。

歪みを改善して身体の血流の流れを良くすることで副交感神経の働きが改善し、健康的な生活が送れます。

因みに、更年期障害が重症になっている方は、骨盤の歪みが原因かね知れません。

副交感神経を整えて、自律神経失調症などの疾病も予防しましょう

私達は、普段の生活で左右偏った動きをしています。
例えば...
・カバンを持つのはいつも左手(右手)である
・立っている時は左右どちらかの足に重心を置いている
・つい右足(左足)を上にして足を組んでしまう 等偏った動作は身体の歪みの原因になります。

しかし、こんな動きで自然に正常に戻ります。
・眠っているときの寝返り
・両手に何も持たずに30分以上歩く

しかし、問題もあります。
 
「深い眠り、質の高い眠りを充分取れているか」「毎日30分以上正しい歩き方でウォーキングをしているか」等なかなか難しいものです。

歪みの身体でのウォーキングは、負担になってしまうので返って逆効果なのです。

ですから、ウォーキングをする場合も、ご自分の歪みの状態がどのようになっているのか、私達のような経験を積んだ専門の知識を持った方に見ていただくことです。

自律神経はどのような物でしょう?

骨盤の歪みとの関わりは?
骨盤の歪みが自律神経にどのように影響を与えるかということは、人間は一人一人環境も違えば、原因となるものも多岐に渡りますので、一言で言い表すのは難しいのが現状です。
しかし、骨盤が歪んでいますと、骨盤を支えている筋肉や、全身の筋肉まで過緊張が起き、様々なストレスとなって自律神経に悪い影響を与えることも事実です。
そもそも自律神経とは、自分で意識して動かしたり、コントロールできない部分、心臓・肝臓・脾臓などの臓器や、小腸・大腸・血管・子宮・卵巣に至るまで、様々な部分を支配している神経です。
自分で動かせない分、自律神経の調整機能は大変重要なものになります。
そして、自律神経は生命維持の調整に重要な脊椎(背骨)の中の脊髄を通っています(他の経路もあります)。
脊椎は、骨盤によって支えられていますので、骨盤が歪めば、当然、脊椎・脊髄にも影響が及びます。
その結果、脊髄を通っている自律神経に影響を与える可能性は非常に高いと言えます。
身体の緊張をほぐす副交感神経を働かせるためには、骨盤の歪み改善するのが前提 私達の筋肉は、様々な神経・血管腺が常に流れています。
骨盤が歪みますと、それぞれの流れが悪くなり、筋肉の硬直、筋力の低下、神経の乱れ、睡眠障害などを引き起こします。
前から何回も記述しておりますが、自律神経には、緊張やストレスを感じている時に働く「交感神経」と、休息やリラックス状態の時に働く「副交感神経」があります。
つまり、副交感神経を正常に働かせれば、筋肉もほぐれ、緊張も緩み、健康的な生活を送ることができるというわけです。
身体をほぐすのも副交感神経の仕事です。
骨盤が歪んでいますと、身体の中のあらゆる流れが悪くなるために、新陳代謝が起こりにくく、老廃物も蓄積されがちで、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうことになります。
結果的に、いつまで経っても疲れが取れない、肩凝りが酷い、だるさ、めまいを感じる等の症状が出てしまうのです。
そのためにも、骨盤の歪みを改善し、身体の流れをスムーズにすることが重要です。
骨盤と連動している自律神経の乱れは更年期障害にも影響が出ます! 更年期障害の症状は人によって様々です。
骨盤が歪んでいますと、ホルモンの分泌も乱れ、バランスも悪くなります。
特に、骨盤の上にある仙骨は、子宮とつながり保護しているうえに、副交感神経が多数存在する大事な部分です。
歪んでいる骨盤を整えることは、副交感神経を正常に機能させることになり、更年期障害の症状を和らげるのに効果的です。
更年期障害が長引いている人や、重症化している人は、骨盤が歪んでいる可能性が高いと言えるでしょう。
精神的に緊張が続き、ストレスを感じますと、骨盤は引き締め状態となります。
骨盤をスムーズに動かすことで自律神経も刺激され、緊張状態を緩めることにつながります。
そのためにも、骨盤の歪みの改善を含めた「矯正と姿勢の専門店」の当院に、是非ご相談ください。

身体の仕組みと歪み

身体は、骨盤から首の骨まで約32個の骨(椎骨)を積み上げている構造です。

"積み木を32個積んでいる状態"をイメージしていただくと分かりやすいですね。

この積み木、真直ぐきれいに積んでいればとても安定しています。

例え左右にズレても全体でバランスを取れば倒れず立っています。

しかし、この積み木を倒さないように動かすとどうでしょうか。

真直ぐ積んだ積み木は安定しているので動かしやすいですが、前後左右にズレている積み木は気を付けて動かさないと倒れてしまいます。

私達の身体も同じです。

歪みのある身体で生活していると色々な筋肉に余分な負担が掛かります。

その負担が凝りとなって積み重なり、慢性的な凝りとなってしまうのです。

身体の歪みが流れを悪くする

筋肉の中には『血管』『リンパ腺』『神経』が通っています。

筋肉が固くなって歪みがあるとスムーズに流れるはずがありません。

筋肉をほぐすのも自律神経の仕事なのです。

自律神経は、次の相反する2つの神経から成り立っていて、バランスよく働きながら健康でいられるように身体を守っています。

『職場の人間関係』『仕事のプレッシャー』『不規則な食生活』『睡眠不足』等が原因で、副交感神経に切り替わらず、交感神経ばかりが働いてしまいがちになります。

そのため、交感神経が身体を固くして流れが悪く、歪みも取れない状態になって様々な不調や悩みが現れてしまうのです。

ストレスを感じる → 交感神経が働く → 筋肉が固くなる → 身体の流れが悪くなる → 栄養・酸素が行き届かない → 老廃物が排出されない → 身体の回復も新陳代謝も進まない → 疲れが取れない身体、不調を抱える身体になる

交感神経 活動・緊張・ストレスを感じている時の神経、脈拍を速めたり、消化液の分泌を促すなどの神経(主に昼間の活動中)
副交感神経 休息・修復・リラックスしている時の神経、脈拍を抑える、消化吸収する、疲労を回復する等の神経(主に夜間の睡眠中)

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP