腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|水とNa⁺、Cl⁻の尿細管における再吸収①

水とNa⁺、Cl⁻の尿細管における再吸収①|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

水とNa⁺、Cl⁻の尿細管における再吸収①

2022/09/11

<排泄>

1.腎臓の構造と働き

(4)尿細管における再吸収と分泌

①水とNa⁺、Cl⁻の尿細管における再吸収

糸球体で血漿から濾過された濾液の量は1日に150リットルにも及びますが、尿細管を流れる間に濾液の水分の約99%は再吸収されて血液中に回収されます。残る約1%の水分約1.5リットルが尿として排泄されます。水の再吸収は次のように行われます。先ず濾液中のNa⁺が能動的に尿細管に再吸収され、次いでCl⁻も電気的勾配に沿って再吸収され、その結果、これに伴う浸透圧変化によって水が受動的に再吸収されます。

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP