腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|外気温上昇時

外気温上昇時|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

外気温上昇時

2022/08/04

<体温>

3.体温調節の仕組み

(1)体温の調節

②体温調節反応

ハ.外気温上昇時

外気温が上昇しますと、発汗と皮膚血管の拡張が起こり、放熱が盛んになって体温の上昇が防がれます。高温環境では、発汗(温熱性発汗)による水分の排泄が盛んになりますが、下垂体後葉からのバゾプレッシン(抗利尿ホルモン:ADH)分泌が増加して、腎臓からの水分排泄が抑制され、排尿による水分喪失が少なくなります。高温環境下では、その他にも、熱産生を減少させるために、食欲不振になったり運動量が減少したりする傾向があります。外気温がさらに高まり生理的調節の限界を越えますと、高体温となり、生命は危険にさらされます。体温(直腸温)が43℃を越えますとタンパク質の変性が起こり、やがて死に至ります。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP