腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|凝固阻止物質

凝固阻止物質|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

凝固阻止物質

2021/07/19

<血液>

1.血液の組成と働き

(2)線維素溶解(線溶)

②凝固阻止物質

プラスミン以外に血液中に生理的に存在します抗凝固因子には、ヘパリン、アンチトロンビンⅢ、プロテインC、プロテインSなどがあります。ヘパリンは、肝臓の他、肥満細胞、好塩基球にも存在し、アンチトロンビンⅢの作用を増強して、トロンビンなどを不活性化します。肝臓から抽出されたヘパリンは強力な凝固阻止物質で動脈血栓症急性期の治療薬として多用されます。

注:試験管内の血液の凝固阻止法

クエン酸ナトリウムやシュウ酸ナトリウム、また、EDTA(エチレンジアミン四酢酸)などを血液に加えて、Ca²⁺を除く方法がよく用いられます。

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP