腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|血漿(成分と機能)②

血漿(成分と機能)②|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

血漿(成分と機能)②

2021/07/12

<血液>

1.血液の組成と働き

(4)血漿

①成分と機能

ハ.タンパク質

血漿中のタンパク質を血漿タンパクと言います。血漿タンパクの重量は血漿の約7%を占めます。血漿のタンパクは主にアルブミン、グロブリン、フィブリノゲンの3種類に分類されます。量はこの順に多いです。グロブリンはさらにα₁、α₂、β、γ-グロブリンに分かれます。血漿タンパクのほとんどは肝臓で合成されます。

血漿タンパクはそれぞれ多様な作用を持ちます。

〇細胞のアミノ酸供給源、アルブミンの関与が大きい。

〇膠質浸透圧の維持と血管内の水分保持。アルブミンの関与が70%と大きい。

〇ホルモン、ビタミンなどの運搬、α、β-グロブリンの関与が大きい。

〇血液の酸塩基平衡に寄与。

〇γ-グロブリンは抗体として免疫反応に関与。免疫グロブリンとも呼ばれます。

〇フィブリノゲンは血液凝固作用に関与。

 

この続きは、次回掲載します。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP