腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|屈筋支帯と手根管

屈筋支帯と手根管|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

屈筋支帯と手根管

2021/06/16

<運動器系・上肢>

3.上肢の局所解剖

(5)屈筋支帯と手根管

8個の手根骨は、掌側に窪んだアーチを作るように4個ずつ2列の手根裂を形成します。このアーチによって手根列の中央にできた窪みを手根溝と言います。手根列の橈側端にあります舟状骨・大菱形骨と尺側端にあります豆状骨・有鉤骨は、手根溝を挟んで掌側に突き出して、それぞれ橈側手根隆起と尺側手根隆起を作ります。この橈側・尺側手根隆起を結んで橋渡しをする帯状の靭帯が屈筋支帯です。屈筋支帯によって手根溝は蓋をされ、狭い筒状手根管になります。手根管は前腕から手掌への入口として、中に長母指屈筋・浅指屈筋・深指屈筋と正中神経を通します。手根管の中で腱は滑液鞘(腱鞘)に包まれて走りますので、運動時に手根管の中で生じる摩擦が軽減されます。屈筋支帯の浅層には尺骨神経と尺骨動脈が通る尺骨神経管(ギョン管)が位置します。

注:手根管症候群

手や指を過度に使った場合に、手根管内で腱鞘が炎症を起こして腫脹することがあります。その際に手根管を通る正中神経が圧迫され、生ずる母指球筋の麻痺や感覚異常です。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP