腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|染色体の数の異常

染色体の数の異常|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

染色体の数の異常

2021/05/17

<先天性異常>

3.染色体異常

(1)染色体の数の異常

染色体は、22組の対を成します相同染色体からなっていますが、そのうち対であるべき相同染色体の片方がなかったり(モノソミー)、反対に1個余分にあったり(トリソミー)することがあります。モノソミーの方が致死的で、常染色体のモノソミーは存在せず、性染色体のモノソミーとしてターナー症候群(XO型)が知られています。トリソミーには、21番目の常染色体が過剰になっているダウン症候群や、18または13トリソミー症候群が知られており、性染色体ではXXXを示す超女性やX染色体が2本以上みられるクラインフェルター症候群などがあります。これらは、減数分裂の時の染色体不分離によるものが多く、ダウン症候群では、卵子が21番目の常染色体を2個持っているために、これと1個の常染色体を持つ精子が合体した結果、接合子は21番目の常染色体を3個、全体として47個の染色体を持つことになります。

同一の個体で染色体構成の異なる2種以上の細胞群が見られるモザイクも、たまに報告されています。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP