腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|打診(意義と方法)

打診(意義と方法)|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

打診(意義と方法)

2020/09/13

<打診>

(1)意義と方法

肺・胃腸管など空気の存在する臓器と、心臓・肝臓など含気量の少ない実質臓器が混在する胸部・腹部の診察に有用です。

打診では、体表に診察者の指をおき、その上から指で叩いて生じる音を聴き取ります(指打診法)。通常は左手中指(左利きの診察者は右手中指)の中節を体表に密着させ、その指の背面を鉤状に曲げた右手中指(左利きでは左手中指)の指頭で叩きます。この場合、体表に置く中指を体表に強く密着させておくことが重要で、打診による衝撃が体内に伝播しやすくなります。叩く中指は近位指節間関節を軽く鉤状に曲げ、手関節のみを動かして叩きます。体表に置いた指の背面を速やかに直角に叩き、叩いた後は直ちに指から離します。この瞬間に生じる音を聴きます。同時に、叩いた際に生ずる振動ないし抵抗感にも注意します。

打診の性状は、音量・音調・音質・持続の4要素に分析して判断します。

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP