腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|触診(意義と方法)

触診(意義と方法)|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

触診(意義と方法)

2020/09/10

(1)触診(意義と方法)

触診では、お客さまが異常感を訴える局所、あるいは視診によって診察者が異常所見と判断した部位の性状を、診察者が自らの手指で触って詳しく調べることに意義があります。

触診の方法は、身体各部によって異なりますが、皮膚・皮下組織などの体表部分、筋肉・骨・関節など、そして内部臓器などを手指で触れて診察します。

触診では、局所の熱感・緊張・弛緩・圧痛・知覚過敏などを診察者の指先の感覚で捉えます。しこり・硬結・腫瘤などがある場合には、その大きさ・形状・硬さ・可動性・周囲との癒着・圧痛などを調べます。肝臓など臓器を触知する場合は、その臓器であることを確認するとともに、表面や辺縁の性状・硬さ・緊張度・圧痛などを調べます。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP