腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|安静が良くないのは「ぎっくり腰」についても同じでしょうか?

安静が良くないのは「ぎっくり腰」についても同じでしょうか?|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

  • トップページ
  • >
  • 安静が良くないのは「ぎっくり腰」についても同じでしょうか?

安静が良くないのは「ぎっくり腰」についても同じでしょうか?

2020/07/31

<「安静にする意識が強い」と再発しやすいというデータがあります>

急性~亜急性腰痛に対する治療(指導)としまして、各国の腰痛診療ガイドラインにおいて「安静」ではなく、「普段の活動を維持することを指導」するよう明記されるようになったものの、職場などで、重い荷物を持ったことなどが、明らかな切っ掛けで起こった「ぎっくり腰」に対しましては、産業衛生的には「災害性腰痛」に分類されることが多いため、医師も安静を指示したくなるものです。

そこで某大学では、「安静を指導された人」と「痛みの範囲内での活動を指導された人」の翌年の「ぎっくり腰」の再発率を検討してみました(前述のJOB Studyでのサブ解析)。ここでは「ぎっくり腰」を「明らかな切っ掛けがあった急性の非特異的腰痛」と定義しました。

その上で、過去1年間に「ぎっくり腰」を起こした人のうち、医療機関を受診した53.2%をたいしょうに、医療機関に「腰痛が治るまでできるだけ安静に保つように指導された」とかいとうした68名と、「痛みの範囲内で活動してよいと助言された」とかいとうした32名を抽出、それぞれの翌年の「ぎっくり腰」の再発状況を検討しました。

その結果、安静を指導された群に方が、活動してよいと指導された群の3倍以上のリスク(性・年齢及びぎっくり腰経験の有無、作業形態、ベースラインでの腰痛の程度(支障度)で調整した調整オッズ比:3.6倍)で「ぎっくり腰」を再発するリスクが高く、慢性化する傾向があることが確認されました。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP