腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|脳の機能障害が関与していることを、現場でスクリーニングする方法は?

脳の機能障害が関与していることを、現場でスクリーニングする方法は?|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

  • トップページ
  • >
  • 脳の機能障害が関与していることを、現場でスクリーニングする方法は?

脳の機能障害が関与していることを、現場でスクリーニングする方法は?

2020/07/24

<「職業性ストレス簡易調査票」の利用がお勧めです>

秘匿定期腰痛がへの対策を効果的に進めるためには、腰痛が姿勢や動作と関連する脊椎の機能障害が主な原因なのか、それとも心理社会的要因が関わった脳の機能障害が関与している可能性があるのかを、見極めることが大切であると考えています。先ず、脊椎の機能障害の特徴ですが、「前屈みの姿勢や持ち上げ動作をしていますと腰痛を感じやすいが、歩いている時にはそうでもない」といった具合に、「こういう姿勢や動作で痛みが出る傾向にありますが、こういう姿勢では全く痛みが出ない」という姿勢・動作と症状の関係性がはっきりしています。例えば、前屈み作業の際に痛くなるが、歩いている時は楽といったパターンです。一方、姿勢・動作と腰痛との関係性が不明確かつ一貫性がない場合は、脳の機能障害が関与している可能性を考える必要があります。「ストレスが強まったり、ブルーな気分になりますと、そういえば痛みを感じやすい気がする」ことを把握できれば、脳の機能障害を介した身体化徴候として腰痛であることを強く疑うことができます。

脳の機能障害とは、例えば仕事への不満感や周囲のサポート不足(人間関係のストレス)といった心理社会的問題から生じる苦悩、恐れ、不安、怒りといったストレスフルでネガティブな感情がトリガーとなり、その反応として心身の不調(いくつかの身体化徴候や抑うつ、強い疲労感、睡眠障害)が現れやすくなった状態であることを解説しました。心身の不調は、さらなる苦悩や不安を招き、脳の機能障害はさらに強まります(悪循環)。

以上の背景から、職場においては「職場ストレス簡易調査票」(東京医科大学 公衆衛生学講座 URL:http//www.tmu-pn.ac/topics/stress_table.pnpを参照してください)を用いることをお勧めします。特に「ストレスによって起こる心身の反応(活気、イライラ感、疲労感、抑うつ感、身体愁訴)」のうち複数の項目で高得点を示した場合には、現在腰痛があろうがなかろうが、脳の機能障害がある可能性が高いと判断できます。

 

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP