腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|へバーデン結節

へバーデン結節|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

へバーデン結節

2020/05/17

施療時、お客さまから教わった症例の第2弾をご紹介します。

 

【へバーデン結節】

手の指の第1関節(DIP関節)が変形し曲がってしまう原因不明の疾患です。

第1関節の背側の中央の伸筋腱付着部を挟んで2つのコブ(結節)ができるのが特徴です。

この疾患の報告者へバーデンの名にちなんで「へバーデン結節」と呼ばれています。

色々な程度の変形があります。

全ての人が強い変形になるとは限りません。

注:ここでは、一般的な呼び名としてDIP結節(遠位指節間関節)を第1関節と呼んでいます。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP