腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「健康」は口で唱えてもやってこない

「健康」は口で唱えてもやってこない|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

「健康」は口で唱えてもやってこない

2020/03/14

前回まで記述しましたように、健康とは「まめに働ける」ことと、考えられるのでありますが、その逆の「まめに働けない」場合とを、併せて考えれば、健康、不健康、さらに病気、ということが。はっきりするでしょう。

「どうも気が進まない」「仕事がおっくうだ」「どうも疲れやすい」「確率が上がらない」「気が散る、集中できない」「周りの人がうるさい」「何だか不安で、落ち着けない」‥自分の仕事をまめにやれるかどうかを考えてみますと、具体的に、最も鋭敏に、健康かどうかの自己判断ができるのです。

何もしないでいて、何ともなくとも、あるいは、遊んでいる時には快適であっても、成すべきことが、成すべきことができないのでは、健康ではないのです。

また、いつもイライラしたり、何か不安があるとか、身体の調子が悪い、と言うのは、不健康と言うよりは、実は「病気」なのです。

「病気」とは、「病む気」といい、気分が悪いということです。

英語では「ディス・イーズ」(気分がイージーでない)とか、「ディス・オーダー」(調子が悪い)と言い、何か不安があったり、調子が良くないことを意味しています。

つまり、「気分が悪い」ということで、どこかということは分かりませんが、漫然とした不快感を自覚することです(ドイツ語では、「不定愁訴」と言います)。

このような「病気」(不安や調子が悪い)になりますと、自分でしようと思うことが、どうもうまくできず、仕事も、正常な場合や、健康人のようには、能率的にはできなくなります。

それが、酷くなりますと、仕事はできなくなり、休まなければならなくなります。

こんなことから、病気とは生活を脅かし、生活を妨げるいやなもの、ということになります。

それも、しばらく休んで回復するのなら、まだ良いとして、「治りにくい病気(生活習慣病)」の始まりであることもあります。

そうなりますと、生活の困窮、さらには、死の影が付きまといます。

それで、病気のことは、考えるのも嫌だという人も少なくありません。

「病気でないのが健康だ」と言うわけで、「健康」に飛びつき、健康食品、健康法に飛びつくことにもなります。

今日の健康ブームは、生に執着するあまり、病気の亡霊におびえ、前後見境もなく、「溺れる者がワラをにすがる」ようなものではないでしょうか。

こうなりますと、「健康・健康」と言っても、「鰯の頭の信心」になり、単なる「お題目」になってしまいかねません。

平和を唱えても、平和はやってきません、と同様に、健康・健康と唱えても、健康にはなれっこないわけです。

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP