腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「食べ放題」「遊び放題」していませんか?

「食べ放題」「遊び放題」していませんか?|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

「食べ放題」「遊び放題」していませんか?

2020/02/15

最近の「文部科学省の体力調査」によりますと、学童は筋力が弱く、大人は持久力が衰えている「衣食足りて、たくましさ後退」と言います。

「体育の日」の発表ですから、もっと体育をやりなさい、スポーツをやりなさい、ということらしいです。

テレビ、ラジオも、新聞も、「もっと運動を」とキャンペーンをしています。

ですが、食べ放題、遊び放題で、レジャー、スポーツと叫んでも、楽なこと、楽しい事に慣らされた日本人が、たくましく強くなることは考えられません。

それは、「適応」ということを無視し、適応力をつける根本を忘れているからです。

適応とは、つまり困苦欠乏に対して、耐える力であり、困苦欠乏に立ち向かうことによって強められるものです。

従って、楽をしていては、適応は働かないのです。

アメリカのアリゾナ州の砂漠に棲む牡牛は、3~4日も水も飲まないで平気でいます。

犬も週2回しか物を食べないで、なお太って素晴らしい健康を保つています。

その棲む環境によって、水を飲む機会が乏しい動物は、一度にたくさん「飲みだめ」をすることを覚え、彼らの組織は長い間に亘って、多量のミズを蓄えるようになります。

食物でも、絶食を強いられている動物は、1日か2日、食物の摂れる時に1週間余りの分に相当する量を摂る癖があります。

その逆に、いつもいつも多量に食べていますと、無益に多く摂り過ぎ癖がついてしまい、ついに、それをやめられなくなります。

野兎と家兎とは同一種類ですが、家兎は、随時食物を摂って、体重は増し体格は大きくなりますが、活動性が鈍り、外気に対する抵抗力も弱くなります。

同様なことが肉豚についても知られています。

過度の飲食が心身の活動に対してどのように作用するか、一部しかわかっておりませんが、飼育動物の知見から、飲食物をいつも規則的に、そしていつも十分に摂っていることは、果たして人間を最善に発達させることになるのであろうか。

現代生活では、1日に3度、十分に食べ、随時飲むことができるのですが、これが真に人間を健康に導くとは限らないのです。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP