腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「昼間よく働くこと」こそ最良の睡眠法①

「昼間よく働くこと」こそ最良の睡眠法①|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

「昼間よく働くこと」こそ最良の睡眠法①

2020/01/11

クレイトマン博士の睡眠学説によりますと、動物は、人間を含めて、眠っているのが「生命の本体」であって、何も刺激がないと、冬の間穴ごもりしている兎のように、眠ってばかりいるのだと言います。

人間は社会生活をしているため、仕事をしたり、話し合ったりしなければならないので、睡眠時間は案外短いのですが、赤ん坊時代は18~20時間、小児は9~12時間も眠ります。

心地よい眠りのために、ここでちょっと睡眠の生理に触れてみましょう。

睡眠は「何故眠るのか」というより、「何故目が覚めるのか」ということが問題なのです。

何故目が覚めるかと言いますと、人間の頭の真ん中にある「間脳」という部分に「目覚めの中枢」があって、ここが刺激を受けますと目が覚め、刺激がこないと眠り続けることになります。

目覚めの中枢を刺激して目を覚まさせるものには、目からくる光、耳からくる音、精神的な緊張や内臓からくる圧迫、皮膚からくる暑い、寒い、固い、ゴワゴワすると言った刺激などがあります。

日常生活について具体的な例を挙げてみますと、外的なものでは屋内の人声で目覚めるのが6%、室内温度3.5%に対し、屋外の物音で目が覚めるのが25.8%、現代の生活が騒音に災いされ、その影響が睡眠にまで及んでいることをはっきり示しています。

 

この続きは、次回掲載します。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP