腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|レジャーとは「勉強する」ことだった!?①

レジャーとは「勉強する」ことだった!?①|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

レジャーとは「勉強する」ことだった!?①

2019/12/22

多忙な日常生活の余暇(レジャー)を活用することは、働く人にとっては、気分転換、元気回復のためにも、また、自分の本来の生命を取り戻し、人間として向上していくためにも、重要なことです。

「レジャーを楽しく」「遊ばなければ損だ」とばかり、若い人たちだけでなく、中年ビジネスマンの間でも、ゴルフやマージャン、それにカラオケなどがブームです。

ですが、レジャーを活用するのは、疲れを癒し、心も身体も、健康を取り戻し、元気よく爽快で、まめに働いてゆくためでなくてはなりません。

レジャー疲れや、レジャー倒れにならないことが肝心です。

「レジャー」とは、働いた合い間、つまり余暇のことです。

余暇には、働かないで遊ぶので、我が国では働かないこと、遊ぶことが、レジャーだと勘違いされているようであります。

レジャーの語源は、ギリシャ語の「スホーラ」でありますが、これは、英語のスクールです。

普段働いている人が、暇を見出して勉強する、ということであります。

孔子も「行いで余力あれば、以って文を学ぶ」と言っていますが、つまり、暇を得て、本を読んだり、勉強したりすることが、レジャーという言葉の本来の意味であります。

 

この続きは、次回掲載します。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP