腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「まだまだ若い」‥この気持ちが大切

「まだまだ若い」‥この気持ちが大切|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

「まだまだ若い」‥この気持ちが大切

2019/12/01

大脳の働き、特に思考や理性を司る「新皮質」は普通に使っていれば、40代~50代になっても発達を続け、よく使っていれば、60代、70代になっても、下り坂にはなりません。

最も、

大脳全体の重量は、一般に50代から減少し始め、70歳になりますと減少がはっきり認められますが、新皮質の働きそのものとは関係はありません。

それは、大脳の働きは、その中に140億以上もある神経細胞が互いに連絡して作る「回路」と、直接に関係しているからです。

阪急電鉄の創始者、小林一三氏が、80何歳の時「40、50は鼻たれ小僧、70、80は働き盛り」と言ったとか。

今日においても、まさにその通りで、財界では、70、80の方が、活躍しているのではないでしょうか。

この際、良く問題になるのは、性(セックス)でありますが、この性こそは、「精神身体的なもの」であるので、最も影響を受けやすいです。

そして、いわゆる「インポテンツ」の悩みが起こりがちになります。

この不能の大部分は、「気のせい」によるもので、実質的には、、60歳での性の脱落者は、5~10%で、このくらいの立なら20代、30代でもあり、これは病的な弱者とみなされます。

病的な例外を除けば、男性では75歳までは、半数以上が、性の強者でありうるし、気を確かに持てば、80、90でも、まだまだとい言います。

女性では、更年期(卵巣の機能停止)を過ぎてからが、ますます調子よくなり、大岡越前守の母の話しのように「灰らなるまで」も楽しめるのです。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP