腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|毎日少しずつ「続けること」が肝心

毎日少しずつ「続けること」が肝心|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

毎日少しずつ「続けること」が肝心

2019/11/10

「歩行」は、決して足だけの運動ではなく、全身の誠に良い運動なのです。

アメリカからのニュースによりますと、すべての職種のうち、郵便配達員には最も心臓や血行の障害の病気が少ないそうです。

彼らは、毎日街を歩いたり、階段を昇ったり降りたりして、ふくらはぎだけでなく、全身の筋肉を動かし、さらに心臓を訓練するからです。

現代の文明国の人々は、運動不足であるとともに、心臓の訓練もあまりにも不足しています。

心筋梗塞、動脈硬化、脳出血が死亡の大部分を占めているのは、気骨の折れるデスクワークで心臓を酷使し、1年間に10年分も消耗しているせいです。

心臓も血管も過労に耐えられなくなってくるのは当然と言えるでしょう。

近頃、性交中に脳出血や心臓マヒで倒れる人がチラホラ耳にしますが、その原因は、日頃から運動不足で、心臓や血管が訓練を受けていないのに、無理をするからだと言われています。

軽い運動などで、毎日の錆を落としておくことは、心臓に良いばかりでなく、ホルモンの分泌にもプラスになり、回春法となるのです。

階段を昇る時、二階でもう心臓がドキドキ、息はハアハア、休まなければならないという人は、心臓の訓練から始める必要があります。

この場合、初めは膝の屈伸だけをやるのが良いです。

毎日1回ずつ回数を増やして、胸がドキドキするところまでやります。

初めは、5回ぐらいで膝の屈伸でドキドキした人も、4週間も続けるうちに、10回続けても何ともなくなるでしょう。

50代で完全に健康な人は、自分の体力に応じて、毎日や行うことのできる一定の軽い運動種目を選び、励行したいものです(毎日やることが大切です)。

誰でも、自分の身体の柔軟性を保つように努力しなければなりません。

それには、体操が一番良いものの1つです。

ロシアの有名な老年研究家レベシンスカヤ女史は、「体操にもっとも優れた『老化防止』と『回春』の効果がある」と言っています。

我々の身体は、毎日改めて調律されなければならない精巧な楽器とも言えます。

それには、何もたいした時間を掛けなくても良い‥せいぜい5分か10分!

例えば、朝の体操を、洗面、歯磨きと同じように、決まった日課にしてほしいものです。

朝の時間が惜しければ、毎晩の風呂あがり、就寝前でも良いでしょう。

毎日の体操は、1週間に1度のレクリェーション(例えばゴルフ)を効果あるものにしてくれるのです。

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP