腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|「まとめ・ドカ食い」は「力士体型」への最短距離①

「まとめ・ドカ食い」は「力士体型」への最短距離①|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

  • トップページ
  • >
  • 「まとめ・ドカ食い」は「力士体型」への最短距離①

「まとめ・ドカ食い」は「力士体型」への最短距離①

2019/10/27

食べ物の質と量と共に「食事の仕方」(食べ方)も、肥満と深い関係のあることが知られています。

朝はコーヒーにミルク、昼も一品、その代わりに夕食はたっぷり食べる。

というのが、欧米の食事では一般的です。

我が国でも『朝食抜きで、昼は外食、夕食は御馳走をたっぷり』という家庭が多くなっています。

ニューヨークのある病院で、肥満者の調査をしたところ、夕食に『まとめ食い』しているものが大部分であったと言います。

そして、このような『摂食パターン』をする人たちは、寝付きが悪く、朝は目覚めが悪く、食欲もないのでほとんど食べない。

このような症状を『夜食症侯群』または『夜食症』と呼びます。

動物園のライオンなども、1日の食糧を、一度に食べさせる訓練をしますと、空腹時に一挙に食べてしまい、あとは、悠々と寝そべっていると言います。

ネズミなどでも、大量を『まとめ食い』をさせますと、肥満型になってきます。

人間も、1日に一回の大量食事をしますと、1日に2~3回に分けて食べるよりも、脂肪がつきやすいことが認められています。

日本の力士は、一度の『まとめ・ドカ食い』をして、あのような太った身体を作り上げてきたのです。

ですが、一度に大食いしますと、食後にインシュリン(膵臓から分泌されるホルモン、これが不足しますと、糖尿病が起こります)の血中値が、正常時の2倍以上にも上がることが分かっており、このような食生活を続けていますと、インシュリンの分泌が悪くなって、血糖値が上がり(血液中の糖分が多くなる)、糖尿病が起こってくることにもなります(お相撲さんに糖尿病が多いのもこのためです)。

 

この続きは、次回掲載します。

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら
  • 宮城県療術師協会
  • 全国療術研究財団

PAGE TOP