腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|インスリン(生理作用)

インスリン(生理作用)|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

インスリン(生理作用)

2023/01/11

<内分泌>

2.各内分泌腺の働き

(4)膵臓

①インスリン

イ.生理作用

インスリンは主に骨格筋、脂肪組織、肝臓に作用して、血中のグルコースの細胞内への取り込みを促進し、また、単糖であるグルコースを多糖であるグリコーゲンへ転換して血糖値を下げます。さらにグルコースの脂肪への変換を促します。その他に、アミノ酸の細胞内への取り込みを促し、タンパク質合成を促進する作用もあります。

注:インスリン

ペプチドホルモンで、21個のアミノ酸からなりますA鎖と30個のアミノ酸からなりますB鎖よりなります。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP