腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|反射検査の方法と注意事項

反射検査の方法と注意事項|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

反射検査の方法と注意事項

2022/12/21

<神経系の診察>

2.反射検査

(2)反射検査の方法と注意事項

①患者は楽な姿勢で、完全に力を抜いた状態にして検査をします。

②打診槌(ハンマー)は、頭の部分が軟らかいゴムでできたバランスの良いものを使用します。

③深部反射の検査では、手首のスナップを効かせて、弾力的に、しっかりした適度の刺激を与えるようにハーンまーで叩打します。上腕二頭筋反射などでは、検査の母指で腱を押さえ、その上から叩打するように工夫します。

④反射は左右の対応の部位で比較しながら実施し、左右の反射の差異を調べます。

⑤同側でも、上肢と下肢など部位別の比較も行います。

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP