腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|脊髄の障害①

脊髄の障害①|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

脊髄の障害①

2022/12/11

<神経系の診察>

1.感覚検査法

(7)病変部位別の感覚障害

③脊髄の障害

外傷や脊髄炎などで脊髄がある高さで完全に障害されますと、その脊髄節より下位は全感覚が脱失します。痙性運動麻痺も伴います。この状態を脊髄横断症候群と言います。脊髄空洞症、腫瘍、出血、外傷などで脊髄中心管周辺の灰白質が障害されますと、交差性感覚線維が障害されるため、その脊髄節の痛覚・温度覚は消失します。しかし、触覚・深部感覚は保たれます。これは、感覚線維の伝導路の相違によって生ずる現象で、感覚解離と呼ばれます。

 

この続きは、次回掲載します。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP