腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|性腺刺激ホルモン

性腺刺激ホルモン|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

性腺刺激ホルモン

2022/12/04

<内分泌>

2.各内分泌腺の働き

(1)視床下部・下垂体の構造とホルモン

②下垂体前葉ホルモン

ホ.性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン‥GnH)

性腺刺激ホルモンは、卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)は性腺活動を調節作用を持つので、2つ合わせて性腺刺激ホルモンと言います。

a.卵胞刺激ホルモン(FSH)

女性では、卵巣における卵胞の成熟を促します。また、黄体形成ホルモン(LH)と強調して卵胞ホルモン(エストロジェン)の生成と分泌を促進します。男性では、精巣の精細管の発育を促し、、そして精子の形成を促します。

b.黄体形成ホルモン(LH)

女性では、成熟卵胞に働き、排卵を誘発します。排卵後は黄体形成を促し、黄体ホルモン(プロジェステロン)の分泌を増加させます。男性では、精巣の間質細胞に作用し、男性ホルモン(テストステロン)の生成と分泌を促します。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP