腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|ホルモン分泌の生体リズム

ホルモン分泌の生体リズム|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

ホルモン分泌の生体リズム

2022/11/18

<神経系の診察>

1.ホルモンの一般的特徴

(4)ホルモンの分泌の調節

④ホルモン分泌の生体リズム

多くのホルモンの血中濃度は概日リズムを示します。例えば、副腎皮質ホルモンの血中濃度は活動に先立って早朝に高まり、深夜に最も低くなります。このリズムは、急に睡眠時間をずらしたり、徹夜をしたりして保たれますが、夜勤の生活を長く続けていますと、活動のリズムに適応して、夕方増加するようなリズムに変わってきます。また、血中のカテコールアミンは、昼は高く夜の睡眠中には低くなります。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP