腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|感覚検査を行う際の注意点

感覚検査を行う際の注意点|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

感覚検査を行う際の注意点

2022/11/15

<神経系の診察>

1.感覚検査法

(2)感覚検査を行う際の注意点

感覚障害は、患者の主観的な自覚症状です。このため、感覚検査でも患者の主観的な反応に頼ります。正しく評価するには、下記のような点に注意します。

①患者に検査の必要性、内容をよく説明し、患者の協力を得ます。

②患者に暗示を与えたり、誘導したりしないこと。

③患者の目を閉じさせて検査をする方が良いでしょう。この方が感覚はより鋭敏になりますし、目で見て判断することができなくなります。

④刺激に対しては、感じたら、どのような感じか、どの部位にあったかをすぐに答えさせます。患者の答えは正確に記録します。

⑤身体の左右対応する部位、または上肢と下肢など同側の異なる部位と比較しつつ、検査を進めます。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP