腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|細胞外液量の調節

細胞外液量の調節|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

細胞外液量の調節

2022/10/11

<排泄>

3.腎臓による体液の調節

(3)細胞外液量の調節

出血や激しい下痢などによって細胞外液量が減少しますと、以下の機構が作動して水分減少を補う方向に働きます。

①右心房にあります心肺部圧受容器(低圧受容器)で感受され、その情報が視床下部に伝えられます。その結果、バゾプレッシン(抗利尿ホルモン)の分泌が増加し、尿量が減少して水の損失が抑えられます。

②腎臓の輸入細動脈の血管壁にあります糸球体近接細胞で感受し、ここからレニンが分泌されます。その結果、レニン・アンジオテンシン系が作動して副腎皮質からアルドステロンの分泌が亢進します。アルドステロンは腎臓の主に集合管に作用して尿中へのNa⁺と水の排泄を減らします。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP