腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|腹部内臓の触診(右季肋部)

腹部内臓の触診(右季肋部)|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

腹部内臓の触診(右季肋部)

2022/08/07

<局所の診察>

12.腹部

(12)腹部内臓の触診(胃、腸、肝臓、腎臓、脾臓、胆嚢、膵臓)

②右季肋部

肋骨弓に沿って右手指を当て、腹式呼吸に合わせて、肝臓を触診します。健常者では、肝臓は触知しないか、わずかに肝下縁を触れるのみです。肝臓を触知する場合、肋骨弓から何cm触れるのか、表面の性状、硬さ、圧痛の有無などを調べます。急性肝炎では、2~3cm程度までの肝腫大に留まります。圧痛があり、食欲不振、倦怠感などを伴います。肝硬変では、弾性硬で、表面が顆粒状の肝腫大として触知されます。肝がんでは、硬く、表面が凹凸不整です。アルコール常飲者では、しばしば脂肪肝の状態を呈し、弾力ある肝腫大を認めることがあります。胆嚢も、通常は触知されません。がんなどで総胆管が閉塞されますと、球状に腫大した胆嚢を触れるようになります。癒着がありませんと、振子のように左右に動きます。胆石症、胆嚢炎では、右季肋部に限局性の圧痛があります。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP