腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|外気温低下時

外気温低下時|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

外気温低下時

2022/08/02

<体温>

3.体温調節の仕組み

(1)体温の調節

②体温調節反応

ロ.外気温低下時

外気温がある程度以上低下しますと、以下の身体変化が起こり、体温の体温の低下が防がれます。

a.皮膚血管支配の交感神経の活動が高まることにより、皮膚血管が収縮して皮膚血流量が減少し、皮膚からの放熱を防ぎます。

b.甲状腺ホルモンや副腎髄質カテコールアミンの分泌が高まることにより、内臓や骨格筋の代謝が亢進して産熱が高まります。

c.体性運動神経の働きによって骨格筋の震えが起こり、骨格筋の代謝も高まって熱産生が増します。

さらに外気温が低下し、生理的調節の範囲の限界を越えますと低体温になります。核心温度が33~34℃になりますと意識が失われ、25~30℃では心筋に細動が起こり、死に至ります。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP