腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|腫瘤

腫瘤|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

腫瘤

2022/07/18

<局所の診察>

12.腹部

(3)腹壁の緊張・膨張・陥凹・腫瘤

腹部に腫瘤を触知する時は、先ずどの臓器と関係しているかを調べ、次いで性状を確認します。

腹部内臓器に発生する腫瘍は、硬く、表面不整の腫瘤として触知されます。腎嚢胞など、嚢胞も腫瘤として触知されますが、緊満し、弾力性のあることが多いです。膿瘍では自発痛、圧痛の著明な腫瘤として触れます。頑固な便秘症の患者では、結腸部位に硬い糞塊を触れます。腫瘍と間違われやすいですが、排便後には消失するので区別されます。

このように、腫瘤は種々の病態を発生しますので、触知する場合は、部位(位置)、大きさ、形、表面の性状、硬度、圧痛の有無、拍動性、波動性、周囲との癒着などについて調べます。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP