腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|甲状腺腫

甲状腺腫|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

甲状腺腫

2022/05/02

<局所の診察>

7.頸部

(2)甲状腺腫

視診により、前頸下部の腫脹、左右不同を観察します。腫張している場合、少し頭を反らせて、嚥下運動をさせますと、甲状腺腫では上下に動きます。ついで触診に移ります。患者の前面から、あるいは背後から、左右の手指を用いて甲状腺に触れます。健常者ではほとんど甲状腺を触知しませんが、触知する場合は、部位、大きさ、形、表面の性状、硬さ、可動性、結節の有無、圧痛などを調べます。

びまん性に甲状腺が腫脹するものには次のような病態があります。 この続きは、次回掲載します。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP