腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|舌の異常②

舌の異常②|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

舌の異常②

2022/04/13

<局所の診察>

6.口腔

(4)舌の異常

猩紅熱の患者では、舌は真っ赤となり、乳頭が腫脹して、イチゴ舌と呼ばれます。

舌炎、アフタ、白板症(白斑症)などを認めることもあります。

舌が異常に大きく、口外にはみ出してしまうことすらあります。このような巨大舌は、先端巨大症、甲状腺機能低下症、、アミロイドーシスなどで見られます。

舌を出させますと、細かく震える場合があります。精神的な緊張状態でも起こり売りますが、甲状腺機能亢進症、慢性アルコール中毒などで見られます。

片麻痺の患者では、舌を出させますと、麻痺側へ偏ります(舌の偏位)。

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP