腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|身体活動時のエネルギー代謝

身体活動時のエネルギー代謝|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

身体活動時のエネルギー代謝

2022/02/27

<栄養と代謝>

1.栄養素とエネルギー代謝

(3)エネルギー代謝

③身体活動時のエネルギー代謝

運動をしますとエネルギー代謝が増大することは当然で、それは酸素消費量の増加から伺われます。同じ運動をしても消費するエネルギーには大きな個人差があるので、その人の基礎代謝を基準にした値を用いるのが便利です。運動によって余分に消費した酸素量が基礎代謝時の酸素消費量の何倍に相当するかという値をエネルギ代謝率(RMR)と言います。

ある活動を行っている時、身体が必要とするエネルギーの総量は、各動作に必要にエネルギー(基礎代謝✕エネルギー代謝率)に座位安静時代謝量を加えたものです。安静時とは座位で安静にしている時のもので、その酸素消費量は基礎代謝時の約1.2倍です。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP