腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|コレシストキニン

コレシストキニン|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

コレシストキニン

2022/01/05

<消化と吸収>

7.消化管ホルモン

(3)コレシストキニン(CCK)

コレシストキニンは、小腸粘膜がアミノ酸や脂肪酸などによって刺激されますと、コレシストキニン分泌細胞により毛細血管内に分泌されます。コレシストキニンは血液によって膵臓に運ばれて、膵外分泌腺細胞に働いて酵素に富んだ膵液の分泌を促したり、胆嚢に運ばれて胆嚢の平滑筋を収縮させて胆汁放出を盛んにします。

注:コレシストキニン(CCK)

胆嚢を収縮させるコレシストキニンと膵臓の酵素分泌を促すパンクレオザイミン(PZ)は別々に発見されましたが、その後同一物質であることが分かり、一般にコレシストキニンと呼ばれます。

 

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP