腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|腸液の成分・作用

腸液の成分・作用|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

腸液の成分・作用

2021/12/15

<消化と吸収>

4.小腸内の消化と吸収

(4)腸液の分泌

①腸液の成分・作用

腸液は弱アルカリ性(pH7~8.5)の液で、1日の分泌量は1.5~3リットルです。腸液は粘液、電解質などを含みます。ブルンネル腺より分泌される腸液は粘液とNaHCO₃を多く含みます。酸性糜粥を中和する働きを持ちます。各種の酵素は小腸上皮細胞の刷子縁膜に存在し、ここで消化作用を行い、膵液の消化作用を補って消化を完成させる働きを持ちます。

・アミノぺプチターゼ:ペプチドをアミノ酸に分解します。

・マルターゼ:マルトースをグルコースに分解します。

・スクラーゼ:スクロース(ショ糖)をグルコースとフルクトース(果糖)に分解します。

・ラクターゼ:ラクトース(乳糖)をグルコースとガラクトースに分解します。

・リパーゼ:脂肪を脂肪酸とモノグリセリドに分解します。

・ヌクレアーゼ:核酸を分解します。

・エンテロキナーゼ:膵液中のトリプシノゲンを活性化してトリプシンにします。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP