腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|膵液の成分・作用

膵液の成分・作用|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

膵液の成分・作用

2021/12/08

<消化と吸収>

4.小腸内の消化と吸収

(2)膵液の分泌

①膵液の成分・作用

膵液は、無色透明な液で、膵臓から1日におよそ1~1.5リットル分泌されます。

膵液は、

A.タンパク質、脂肪、糖質の消化酵素を含みます。

B.重炭酸ナトリウム(炭酸水素ナトリウム、NaHCO₃)を含み弱アルカリ性(pH約8)であるため、胃から送られてきた内容物を中和します。

イ.消化酵素:膵液には下記の消化酵素が含まれます。

a.アミラーゼ:デンプンをマルトース(麦芽糖)に分解します。

b.トリプトシンとキモトリプシン:タンパク質をペプチドに分解します。

c.リパーゼ:脂肪を脂肪酸とモノグリセリドに分解します。

d.ヌクレアーゼ:核酸を分解します。

注:トリプトシンとキモトリプシン

各々不活性なトリプシノゲンキモトリプシノゲンとして分泌され、小腸内で活性化されます。

ロ.NaHCO₃

胃から送られた大量のHCIを含んだ強酸性の糜粥を中和します。膵液酵素の至適pHは中性に近いものが多いため、この中和は消化作用にとって不可欠です。

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP