腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|回盲弁の開閉

回盲弁の開閉|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

回盲弁の開閉

2021/12/06

<消化と吸収>

4.小腸内の消化と吸収

(1)小腸の運動

③回盲弁の開閉

回腸から盲腸へと連なる回盲部には、盲腸内に突出した括約筋からなる回盲弁があり、内容物の逆流を防いでいます。小腸内容が極少量の時には回盲弁の括約筋が収縮して、小腸内容を長く滞留させます。ここに糜粥がある程度溜まりますと、回腸壁の伸展刺激によって回盲弁の括約筋が弛緩し、回腸の蠕動が盛んになって糜粥は盲腸へと送られます。また、胃に食物が入りますと、反射的に回腸の蠕動運動が盛んになり、回盲弁が開きます。これを胃-回腸反射といいます。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP