腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|下腿の筋区面(コンパートメント)

下腿の筋区面(コンパートメント)|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

下腿の筋区面(コンパートメント)

2021/08/20

<運動器系・下肢>

3.下肢の局所解剖

(4)下腿の筋区面(コンパートメント)

下腿は脛骨と腓骨、及び両骨の間に張る下腿骨間膜により大きく前後に区分されています。これに加えて、腓骨外側に位置する腓骨筋群は屈筋群とも伸筋群とも異なる運動機能を持つので厚い筋膜によりこれらの筋群から区分されます。伸筋群と腓骨筋群の間に肥厚した筋膜を前下腿筋間中隔、屈筋群と腓骨筋群との間に肥厚した筋膜を後下腿筋間中隔と言います。結果として下腿には3つの筋区面(コンパートメント)が存在することになります。

注:前脛骨筋症候群(コンパートメント症候群)

下腿の心筋の使い過ぎや炎症などによって伸筋群が腫脹しますと、その筋を含む下腿前面のコンパートメントの内圧が高くなります。この時、同じコンパートメント内を通る血管や神経を圧迫し障害を起こすことがあります。

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP