腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|臀部の体表

臀部の体表|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

臀部の体表

2021/08/16

<運動器系・下肢>

3.下肢の局所解剖

(2)臀部

①臀部の体表

臀部の皮膚は厚く、皮下脂肪が厚く発達します。臀部と腹部-腰部との境界には腸骨稜が触れます。腸骨稜後端には上後腸骨棘が体表に浅い窪みを作って触れます(ビーナスのえくぼ)。左右の腸骨稜の最高部を結んだ線をヤコビー線と言い、ほぼ第4腰椎の棘突起の高さに相当します。また、腸骨稜が最も横に張り出す部位を腸骨稜結節と言い、体表からも容易に触れます。

注:脳脊髄液検査や腰椎麻酔の際には、ヤコビー線を目印に脊柱管に穿刺を行います(腰椎穿刺)。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP