腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|足部の関節運動

足部の関節運動|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

足部の関節運動

2021/08/10

<運動器系・下肢>

2.下肢の運動

(3)足部の関節運動

足の関節の主な運動には、底屈(屈曲)・背屈(伸展)・内反・外反があります。このうち底屈-背屈は距腿関節の運動、内反-外反は足根間関節の運動で、いずれも下腿筋の作用によります。底屈-背屈は、内果-外果を横に結んだ線を運動軸にして行われます。依って、下腿筋のうち、腱が踝(くるぶし)よりも前方に走っていれば背屈作用の筋で、後方に走っていれば底屈作用の筋であると言えます。一方、内反-外反は、足の爪先(靴の爪先の尖った部分)と踵を結ぶ足の縦軸を運動軸にして行われます。従って、下腿筋の内、腱が足首において足の縦軸線よりも内側を通るものは内反に、外側を通るものは外反にそれぞれ作用します。

・背屈かつ内反:前脛骨筋、この他長母指伸筋も参加します。

・背屈かつ外反:第三腓骨筋、この他長指伸筋も参加します。

・底屈かつ内反:下腿の屈筋の深層筋群(後脛骨筋・長母指屈筋・長指屈筋)

・底屈かつ外反:腓骨筋群

・底屈:下腿三頭筋(内反-外反の運動軸上にありますので、この運動にはほぼ中立です)

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP