腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|下肢の運動

下肢の運動|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

下肢の運動

2021/08/08

<運動器系・下肢>

2.下肢の運動

(1)股関節の運動

股関節の主な運動には、屈曲・伸展と内転・外転があり、これに大腿骨の長軸(正確には大腿骨頭から膝関節中央に下した垂線)を運動軸に下肢を回旋します運動(内旋と外旋)が加わります。伸展は股関節周囲の靭帯(腸骨大腿・坐骨大腿・恥骨大腿の各靭帯)によって動きを制限されますので、屈曲よりも可動域が小さいです。また、回旋に関しては、内旋のみを専門に行う筋は見られず、股関節周囲の筋の共同作業で行われますので、外旋よりも力が弱いとされています。

・屈曲:腸腰筋、その他に大腿四頭筋の大腿直筋や縫工筋が参加します。

・伸展:大殿筋、その他に大腿の屈筋群(ハムストリングス)が参加します。

・内転:大腿の内転筋群

・外転:中・小殿筋

・外旋:骨盤後面にあります外旋筋群(梨状筋・内閉鎖筋など)と外閉鎖筋が参加します。

・内旋:中・小殿筋、その他に大腿筋膜張筋が参加します。

注:直立によって、人間の股関節は四足歩行状態(ハイハイ歩きの時)よりもすでに伸展された状態にあります。依って、股関節の靭帯は、直立した状態での過伸展には緊張し、屈曲で緩みます。

 

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP