腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|緩衝作用①

緩衝作用①|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

緩衝作用①

2021/07/14

<血液>

1.血液の組成と働き

(4)血漿

②緩衝作用

血液のpHは通常7.40程度(7.35~7.45)で、わずかにアルカリ側に傾いた状態で一定に保たれます。多くの食品は代謝分解されて酸性物質H⁺を生じます。そのため、血液は酸性に傾きやすいです。しかし、酸性物質は血液中のHCO₃⁻(重炭酸イオン)などの働きで中和されます。血液内での中和に加えて、CO₂(二酸化炭素)は肺から、H⁺(水素イオン)は腎臓から排泄され、その結果、血液のpHは一定に保たれうります。

血液のpHが清浄範囲(7.35~7.45)を越えて酸性側(7.35より小さい方向)に傾いた状態をアシドーシス(実際にはアルカリ性であっても)、pHがよりアルカリ性側(7.45より大きい方向)に傾いた状態をアルカローシスと呼び、どちらも病的状態です。アシドーシスもアルカローシスも、呼吸性の機序によるもの(呼吸性アシドーシスまたは呼吸性アルカローシス)、と代謝性の機序によるもの(代謝性アシドーシスまたは代謝性アルカローシス)があります。

 

この続きは、次回掲載します。

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP