腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|内寛骨筋

内寛骨筋|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

内寛骨筋

2021/07/11

<運動器系・下肢>

1.下肢の筋

(1)下肢帯の筋

①内寛骨筋

腸骨筋と大腰筋は、鼠径靭帯の後ろ(筋裂孔)を通って大腿前面に出ます。共通の腱を作って大腿骨の小転子につき、機能的には1つの筋として働くので、両方の筋と併せて腸腰筋と呼びます。

腸腰筋は、股関節の最も強力な屈筋です。歩行時には大腿を拳上します。また一方では、股関節の伸筋であります大殿筋と共に関節を固定し、歩行時の体幹や身体のバランスを取ります。下肢が固定されますと体幹を起こします(起き上がる)。また、大腰筋は脊柱下部を引き、腰がしっかりと伸びた直立位を保たせます。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP