腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|白血球(新生と寿命)

白血球(新生と寿命)|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

白血球(新生と寿命)

2021/07/07

<血液>

1.血液の組成と働き

(2)白血球

④新生と寿命

顆粒球と単球は、骨髄で幹細胞がまず骨髄系幹細胞に分化し、さらに骨髄芽球と単芽球を経て、それぞれ顆粒球と単球に成熟して血中に出ます。リンパ球は、まずリンパ系幹細胞に分化した後、骨髄や胸腺で成熟し、リンパ節や血中へ移ります。

顆粒球の寿命は2~14日であり、リンパ球の寿命は数日間のものから数十年に及ぶものまでと幅が広いです。老化した白血球は脾臓で破壊されます。

 

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP