腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|溶血

溶血|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

溶血

2021/07/02

<血液>

1.血液の組成と働き

(7)溶血

赤血球膜が崩れ内部のヘモグロビンが細胞外に流出する現象を溶血と言います。細胞外に流出したヘモグロビンは分解されるため、酸素を運ぶ機能を失います。溶血は様々な原因で起こります。例えば、赤血球を低張液(細胞外液よりも浸透圧の低い溶液)に入りますと、水が赤血球内に入って赤血球が膨張し細胞膜が破れて溶血を起こします。これが水を静脈注射してはいけない理由です。溶血は細菌の毒素や血液型不適合輸血などによって起こります。赤血球の振動、超音波などの物理的刺激や、表面活性物質などの化学的刺激も溶血を起こします。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP