腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|上腕筋間中隔

上腕筋間中隔|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

上腕筋間中隔

2021/06/14

<運動器系・上肢>

3.上肢の局所解剖

(3)上腕筋間中隔

筋と筋の間には、線維性結合組織の筋膜が存在して筋を区分していますが、屈筋群と伸筋群の間のように対立する筋群の間には、特に肥厚した筋膜の層が区画します。これを筋間中隔と言います。上腕部では、上腕骨体の内側縁及び外側縁に沿って内・外側上顆までの間で、発達して認められます(内側・外側上腕筋間中隔)。これらの筋間中隔は上肢の血管・正中神経・尺骨神経・橈骨神経を導く通路になります。

内側上腕筋間中隔の内側端は上腕二頭筋の内側縁に続き、内側二頭筋溝と言います。この溝に沿って正中神経と上腕動静脈が走ります。また、内側上腕筋間中隔の後方には尺骨神経が走ります。外側上腕筋間中隔には橈骨神経が貫通します。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP