腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|肋鎖間隙(鎖骨下)

肋鎖間隙(鎖骨下)|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

肋鎖間隙(鎖骨下)

2021/06/12

<運動器系・上肢>

3.上肢の局所解剖

(1)肋鎖間隙(鎖骨下)

上肢の脈管・神経の根幹はいずれも鎖骨の深層を走ります。この部分は鎖骨と第1肋骨の間で肋鎖間隙と言います。肋鎖間隙はそのまま腋窩に移行します。

注:狭い肋鎖間隙では、腕神経叢や鎖骨下動脈が圧迫されやすいです。疲労などで肩が下がる姿勢になりますと、より肋鎖間隙が狭まって腕神経叢と鎖骨下動脈が圧迫され、上肢の血行障害や知覚異常が起こります。これを肋鎖症候群と言い、斜角筋症候群などと共に胸郭出口症候群と称されます。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP