腰痛の悩みに仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院|体温のPH

体温のPH|腰痛は仙台市青葉区のカイロプラクティック真心堂療術院へ

体温のPH

2021/06/10

<生理学の基礎>

4.体液の組成と働き

(2)体液のイオン

①体液のPH

体液のPHは7.35~7.45(7.40±0.05)と非常に狭い範囲に保たれています。PHは水素イオン濃度の対数です。PH7.0の溶液は中性で、その液は同じ量の水素イオン(酸、H⁺)と水酸化物イオン(塩基、OH⁻)を含みます。PHが7より低い溶液は酸性であり、PHが7より高い溶液はアルカリ性です。

体内で酸性物質やアルカリ性物質が作り出されたり、またそうした物質が体外から入ることがあります。この場合、体液(主として血液)中の緩衝系が働いて体液のPHを7.4付近に維持する精妙な機構があります。この仕組みを生体の酸塩基平衡と言います。

注:中性

7と言う中性の水(即ち水)が1リットル当たり10⁻⁷モルのH⁺を含むことに基づきます(PH=log1010⁻⁷=7)。

皆さまの体をサポートし、健康へと導きます

メールフォームはこちら

Information

真心堂療術院
〒989-3126
宮城県仙台市青葉区落合3丁目4-3

人の体は歪んでないと思っていても、日ごろのクセ等で少しずつ歪んでいます。その歪みが腰痛・肩凝りの原因かもしれません。仙台市青葉区の真心堂療術院ではカイロプラクティックでお客さまに最良の施療方法をご提案いたします。

  • TEL.090-6854-0516
  • 営業時間
  • メールフォームはこちら

PAGE TOP